河出文庫<br> 世界の歴史〈19〉インドと中近東

電子版価格 ¥990
  • 電書あり

河出文庫
世界の歴史〈19〉インドと中近東

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 390,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309471785
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

内容説明

従来の西洋中心の史観を排し、今なお苦闘する民族の歴史をアジア人の視座から描く。

目次

オスマン・トルコ帝国の成立
ムガール帝国の成立
サファヴィー朝の興亡
オスマン・トルコの衰退
ムガール帝国の終焉
イギリスのインド進出
セポイの反乱
アフガニスタン
カージャール朝
オスマン・トルコの改革
インドとパキスタン
トルコ共和国
近代イラン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

フェイ

1
トルコ・インド(11世紀以降)・イラン・アフガニスタンの成立から第二次世界大戦頃までの歴史を辿る。 一時は西洋を圧倒していたオスマントルコも近代以降は没落し、あまりの頼りなさにフランスやイギリスが肩入れするほどになった。その他の国々はそもそも西洋と出会った時から翻弄されている。 しかし、ナショナリズムが勃興したことで状況が変わり、現代にいたる複雑な独立へとつながる。その意味で本書は、9・11テロ以降の現代社会を知るのに、うってつけといえるだろう。政治におけるイスラム教の意味も含めて、学ぶ物は多い。2015/04/12

f120616

0
インドにおける帝国主義の様相、また現代につながるアフガニスタン、トルコ、イランといったイスラム教に関係している国々の成立の概要を通して把握するために役立てることが出来ました。2015/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/311042

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。