河出文庫<br> 見えない都市

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
見えない都市

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462295
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

内容説明

現代イタリア文学を代表し、今も世界的に注目され続けるカルヴィーノの名作。ヴェネツィア生まれの商人の子マルコ・ポーロがフビライ汗の寵臣となって、さまざまな空想都市の奇妙で不思議な報告を行なう。七十の丸屋根が輝くおとぎ話の世界そのままの都や、オアシスの都市、現代の巨大都市を思わせる連続都市、無形都市など、どこにもない国を描く幻想小説。

著者等紹介

カルヴィーノ,イタロ[カルヴィーノ,イタロ][Calvino,Italo]
1923‐85年。イタリアの作家。第二次世界大戦末期のレジスタンス体験を経て、『くもの巣の小道』でパヴェーゼに認められる。『まっぷたつの子爵』『木のぼり男爵』『不在の騎士』で寓話的・ピカレスク世界を描き、SF風の『レ・コスミコミケ』『柔かい月』など、世界の現代文学の最前線に立つ作品を残す

米川良夫[ヨネカワリョウフ]
1931年生まれ。早大文学部卒。『木のぼり男爵』をはじめとするカルヴィーノ作品や、パゾリーニ、パヴェーゼ、モラヴィアなど、現代イタリア文学を多数翻訳
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

352
マルコ・ポーロが語る中世の都市が次から次へと立ち現れては消えてゆく。時にはそこに人が配されることが皆無ではないが、ほとんどの場合は都市だけがそこに忽然と出現する。それはあたかも幻燈のあえかな光に映し出された朧げな幻影であるかのようだ。あるいは、それはまたエッシャーの騙し絵であるかのような。彼は言葉で次々と幻の都市を描き出してゆくが、それを聞く私たちは(おそらくはフビライもまた)いつしか果てしもない酩酊の中に溺れてゆく。物語の最後はまるで禅の公案のようだが、すべては「空」に収斂してゆくのだろう。2017/09/26

ケイ

116
マルコ・ポーロがフビライ・ハンに語る沢山の都市の話。シェヘラザードに耳を傾ける王様のように、マルコ・ポーロに次々と架空の都市の話をさせていく。幻想的なのだが、訳のせいだろうか、その語りがふわふわしていて目を閉じても街の風景が浮かんでこなかった。短い本だが、読み通すのに少々苦労した。2015/10/28

扉のこちら側

83
2017年135冊め。【279/G1000】マルコ・ポーロがフビライ汗に見聞した都市を語って聞かせるという話。読み始めて少しして、気になって目次を見直す。これは地図のようなもの。話が進むにつれ、いや、進んでいるのか行きつ戻りつしているのか、ページをめくりながら架空の都市なのか時間軸も地平線も見失っていく。作中の二人も、自分たちが実在しているかどうか怪しいと語っている。惜しいのはこの話、解説まで読んでから読み返さないと、よく味わえないのかもしれない。 2017/02/11

藤月はな(灯れ松明の火)

77
古書店フリマで購入した本。フビライ汗に尋ねられ、今まで見聞してきた都市について語るマルコ・ポーロ。だがその都市が本当に実在していたのかは分からないのだ。だが、もしかしたら虚構かもしれない都市の要素(空中に浮かぶ天蓋など)のイメージはとても鮮烈。そして読み進めていく内に二人の会話はト書上に書かれる。まるで二人の対談は舞台上のフィクションであるかのように。虚構である可能性のある都市のリアリティが浮かび上がりながら、現実である二人がフィクション化する構図に心地よい酔いに襲われます。なぜか宇月原晴明作品を思い出す2014/07/19

NAO

62
再読。マルコ・ポーロが、フビライ汗のために語って聞かせる様々な都市。幻想的でありながらどこかにありそうな都市から、彼の語る都市は、徐々にどこにもなさそうな奇想天外な都市へと変わっていく。だが、そうした都市の盛衰や都市に住む人々の移ろいゆく姿は、現代都市に対する警告とも思えてくる。幻想的で哲学的ともいえるマルコの言葉だが、マルコとフビライ汗の対話は禅問答のようで、読むたびに受ける印象が違うのがおもしろい。2015/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579607

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。