河出文庫<br> メグレ、ニューヨークへ行く

  • ポイントキャンペーン

河出文庫
メグレ、ニューヨークへ行く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462103
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

定年退職して悠々自適の生活をしているメグレのところに、アメリカの大富豪の息子が訪ねてくる。最近父親の身に異変が起こったらしい、自分といっしょにニューヨークへ行ってほしい、というのだ。ところが、ニューヨークに着いたとたんに青年は姿を消し、父親の方はメグレを避けようとする。青年の口車に乗ってアメリカに来たことを悔みながらメグレの捜査は始まる。

著者等紹介

シムノン,ジョルジュ[Simenon,Georges]
フランス最大の推理小説作家。1903年ベルギー生まれ、1989年没。1922年以降はフランスで作家活動をつづける。多作家として知られ、四百冊以上の小説を書き、約四千万冊が売れたといわれる。メグレはシムノンが創造した探偵で、パリ警視庁所属の司法警察局警視

長島良三[ナガシマリョウゾウ]
1936年東京生まれ。明治大学卒業(仏文学)。早川書房編集部を経て、現在フランス文学翻訳家。訳書として、「メグレ警視シリーズ」十数冊など多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Ribes triste

9
メグレ警視シリーズ。警察を引退し田舎暮らしを始めたメグレの元に、アメリカの大富豪モーラの息子ジーンからの「最近、態度が急変した父に逢うので、ニューヨークへ同行してもらいたい」という依頼を受ける。到着直後のジーンの失踪。モーラと秘書のマクギルの不穏な態度。殺人事件の発生。異国の地でのメグレの捜査が始まる。どうなることかと思いましたが、メグレはやっぱりメグレでした。巻末のメグレとルイーズの結婚の顛末はほのぼのとしたいい話でした。2018/09/09

有沢翔治@文芸同人誌配布中

9
引退したが、富豪の息子から依頼を受けニューヨークへ旅立つ。しかし、依頼人はつくやいなや消えていた……。http://blog.livedoor.jp/shoji_arisawa/archives/51498044.html2018/06/07

たち

6
メグレ警視はもう引退していて、のんびりしていたのに、ジーンという金持ちの息子に無理やりアメリカに連れていかれてしまいます。やっぱり、メグレ警視はフランスが似合うな~と実感しました。アメリカ土産が何にもなくて、奥さんが気の毒でした。2016/05/04

Iwata Kentaro

2
ファイロ・ヴァンスに代表されるようにNYはミステリーによくあう。メグレですらよく合う。まさかブロードウェイとは。いつものようにしんみりと良い話でした。メグレが「卑劣漢」と怒るところがとくによい。2019/03/31

康芳英

0
定年退職したメグレが異国の地ニューヨークで……という異色作品だけれど、多少色々戸惑いつつも最終的には登場人物の人生に深く入り込むいつものメグレになっていて普通に面白かった。2012/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/149867

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。