河出文庫<br> メグレと幽霊

河出文庫
メグレと幽霊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 206p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462097
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

パリ第18区署の刑事ロニョンが深夜、ジュノー並木通りの路上で何者かに撃たれた。なぜロニョンがそんな時刻にそこにいたのか、同僚の刑事は誰も知らない。そして、彼が現場に面した建物に住む若い女のもとに夜な夜な通っていたということがわかる。ロニョンは女の部屋にあがりこんで何をしていたのか。姿を消した女、そしてロニョンが残した謎の言葉「幽霊」…。

著者等紹介

シムノン,ジョルジュ[シムノン,ジョルジュ][Simenon,Georges]
フランス最大の推理小説作家。1903年ベルギー生まれ、1989年没。1922年以降フランスで作家活動をつづける。多作家として知られ、四百冊以上の小説を書き、約四千万冊が売れたといわれる。メグレはシムノンが創造した探偵で、パリ警視庁所属の司法警察局警視(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Ribes triste

9
メグレ警視シリーズ。ロニョン刑事の銃撃事件を発端に、捜査が進むうちに、ロニョンが単独捜査をしていたことが明らかになる。メグレの鋭い人物観察が面白い。そして、いつもながらのメグレ夫人の内情の功も素敵なのです。巻末のメグレと奥さんのルイーズとの出逢いの話はほほえましい。2018/09/05

康芳英

1
メグレが気にかけていた刑事が凶弾に倒れる、という緊迫した事件なのだけれども、結局いつも通りのメグレでしたとさ。やっぱりメグレの魅力は捜査線上に浮かび上がってくる様々な人との対峙とメグレの目を通した人物描写にあるのだなあと実感。2012/05/23

shibatay

0
再読2011/03/30

まほろば

0
最後のメグレと奥様の出会いのシーンが印象的。オランダ人のなんともいえないうさん臭さ。メグレの人物を見る目の確かさ。奥さん選びにも役立ったようで。2019/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/350691

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。