河出文庫<br> 我が秘密の生涯

河出文庫
我が秘密の生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 602p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309461854
  • NDC分類 933
  • Cコード C0198

内容説明

飛ぶ鳥落とす勢いのヴィクトリア朝大英帝国で、ひたすらセックスに没頭した紳士がいた。幼児期の女中との戯れ、少年時代の初体験、大人になっての娼館通い、中年以降の処女への執着…総数なんと千二百人以上の女性との繋逅を克明に記録し、「たいへんな本」と故・開高健氏を驚愕させた究極の性のルポルタージュを詩人・田村隆一の名訳でおくるダイジェスト版!作者不詳。

目次

1 戯れと観喜…幼児期から少年時代へ(幼児期の幼cunt;自涜の驚異 ほか)
2 お楽しみはこれから…青年時代(ウォータールー街のフランス女;地主屋敷での冒険 ほか)
3 百花繚乱…中年時代(忘れてきた雨傘;新局面打開 ほか)
4 艶舞は果てしなく…初老時代(退役将校夫人の過去の秘密;娼婦サラとの特異な交観 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

冬佳彰

7
開高健さんがおすすめしているとかで、昔々読んだ記憶がある。19世紀くらいのイギリス(だったか?)人男性の、幼い頃からの性的体験を描いたものってことだった。まあ、フィクションだろうけどね。俺が読んだのは、どこの出版社のものだったか、十巻以上もあるってことで、襟を正して(?)読み始めたのだが、ずーっとあんなことばっかりしていて、二巻の途中くらいで飽きて断念しまった。これをずっと書ける体力ってのが凄いなあ、と変なところに感心したものだ。昔は娯楽が少なかったからなのか?

Hiro

2
始めの百数十ページ、つまり第一章を終えて、この先読み進める必要があるかと自問し、止めることにした。この手のものとしては描写がしっかりしていて、具体的であけすけな話の連続は一応楽しめるのだが、さすがにこれがあと400ページ以上続くのは如何なものかと思う。著者の性の蘊蓄や様々な女性たちの生き生きとした振る舞いは興味深いが、巻末の小池滋氏の解説にある通り結局のところ同じ事の延々たる繰り返しなのだ。あるいは毎日少しずつ拾い読みするのならいいのかも知れない。少なくとも集中して通読するには向かない。どっかりする。2019/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16249

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。