河出文庫<br> 新ジュスティーヌ

電子版価格 ¥471
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
新ジュスティーヌ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309460376
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

身も心も美徳に捧げ、美徳のために生きようとしたがために、悲惨な出来事に次次と遭遇し、不幸な結末をむかえる美少女ジュスティーヌ。悪徳に生きた姉ジュリエットの物語と対をなすこのジュスティーヌの物語には、三つの異本が存在するが、本書はその最後の稿にあたり、決定版ともいえるものである。より客観的な手法で、人間の根源的残酷さを描き尽し、思想の深まりを示すサド後期の傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

三柴ゆよし

10
幾度か書き直された代表作のこれが最終稿だが、澁澤の翻訳は抄訳ですらない部分訳であり、『美徳の不幸』のあらすじをある程度把握していないと、はっきり言って意味がわからないだろう。快楽の饗宴に耽る悪党たちによる長広舌(道徳について、霊魂の問題について)により小説としての結構はいちじるしく破壊され、暗黒ユマニスム啓蒙の書といった思想書としての趣を獲得している。主人公ジュスティーヌの影が希薄なのも象徴的でおもしろく、美徳が悪徳を滅ぼすことはきわめて稀であっても、悪徳は美徳をつねに食い物にしてその埒をあけるのである。2018/03/31

aki

9
書かれた内容が酷いことはさておき、サドが登場人物に語らせた、女について・魂についてなど様々な議論の内容に関しては一度ゆっくり読み直し、当時の考えとサドの考え、それから自分の考えとの相違点を考えてみるのもいいと思った。サドの考えを現代の思想と比べたときに、サドの考える要素が現代に残ったのか、それともただの一思想として考えられるだけのものになっているのか、そういったことについても考えてみたい。今回は小説として読みたかったので議論のパートは飛ばしてしまった。難しい。2016/05/13

hgstrm2

5
再読。サドを読むのも結構久しぶり。どれを読んでもだいたい同じだけれど。同じようなことの繰り返しだし、退屈といえば退屈なのだけど、それでもなにか魅かれるものがあるのはなぜかといえば、既成の道徳や常識などをぶち壊してやろうという心意気と、民主主義や平等などをあざ笑うかのように、徹頭徹尾、貴族的であるからなのだ、ということを再認識。 心の中のなにかぼやーっとしつつあった部分が、再活性化したかのような感覚を覚えた私も悪人なのだろうか。或いは、現代においては、貴族的であるということが既に悪なのか。。 2014/08/10

双海(ふたみ)

4
「女の特徴であるべき恥じらいとか、やさしい心とかを棄ててしまった女の人は、男の人よりもっと早く、もっと無分別に、悪徳と無軌道の泥沼に落ちてゆくものなのですわ」とジュスティーヌは言ったが、彼女は憐憫の情のあまり娼婦となり、美徳の一念のあまり淫蕩な女となるのだった・・・。2013/10/25

takanoske

2
拷問の末、息絶えた夫人の屍体をテーブルの上に乗せたままそのまわりで人々は豪華な食事を楽しんだとか、悪徳の栄えに通じる残虐さ。終盤ジュスティーヌが逃亡しジェルナンドに捕まって牢獄に入れられてしまうシーンの語りは、サド自身投獄されて感じていた精神の苦悩なのであろうか。 2014/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。