河出文庫 澁澤龍彦コレクション<br> 言葉の標本函 天使から怪物まで―渋沢龍彦コレクション

個数:

河出文庫 澁澤龍彦コレクション
言葉の標本函 天使から怪物まで―渋沢龍彦コレクション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 19時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309406152
  • NDC分類 908
  • Cコード C0195

内容説明

古今東西の文学作品や歴史的著作の中から、夢、オブジェ、エロティシズムなど、一巻一テーマで輝きと驚異に満ちた文章の数々を採集した「コレクション」の第三巻。自由な断章のアンソロジーの形で、新しい感覚と知へ向けてコラージュする「言葉の博物館」の「エロス」編。聖なるものからフリークまで、快楽の存在者たちが会する妖しい庭園。

目次

ホムンクルス(ゲーテ)
ゴーレム(マイリンク)
男が女になる(ヒポクラテス)
去勢願望(フローベール)
さまざまな去勢者(アンション)
女が男になる(パレ)
悪徳は選択からはじまる(コクトー)
蝙蝠になった男(チェッリーニ)
自分を食う男(フォルヌレ)
影の病(只野真葛)〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

双海(ふたみ)

22
目次を眺めているだけでも面白い。「ホムンクルス」(ゲーテ)から始まって「白人変態説」(ショーペンハウアー)、「雌は怪物のはじまり」(アリストテレス)、「狂人」(コクトー)、「あなたの娼婦と呼ばれたい」(エロイーズ)・・・等々。古今東西(もちろん日本の記事もある)の文学作品や歴史的著作を、夢・オブジェ・エロティシズムといったテーマで種々採録。2014/10/16

misui

3
「お前がおれの存在を信じるなら、おれもお前の存在を信じてもいいよ。これで手を打とうじゃないか」「いいわ、それでよければ」(『鏡の国のアリス』)2019/09/15

ポメ子

2
古今東西の本の中の不思議な話、生々しい話、妖しい話などがだいたい2ページくらいで載せられています。かなり昔の古典とかもあるので、一部、そういうものに、触れられるのが、ちょっとだけお勉強になった気がします。それにしても、澁澤氏の本を読むと、その博識ぶりにうならされます。2018/02/06

かんちゃん

0
読んでる内に頭がぐるぐるしてくる。ジャンルも国も時代も超えた様々な作品群が、テーマごとにくくられて登場する。コラージュでありながら、一冊の本としてきっちり成立してしまっている。多くは幻想の世界に属するにもかかわらず、現実的に起こりうることのはずの『O嬢』の強烈さにさらに眩暈。ユイスマンス『さかしま』はいつか読んでみたい。2013/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488044

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。