河出文庫 澁澤龍彦コレクション
狐のだんぶくろ―わたしの少年時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 257p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404943
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0193

内容説明

人一倍記憶力のいい著者が語る昭和初期の思い出。記憶の底から、まぼろしのように浮かびあがってくる光景。いまでも正確におぼえているが、他の誰も知らない童謡。正月のチョロギへのこだわり。両国国技館の大鉄傘。病気の問屋さんといわれていた子どもの頃。漫画、替え歌の思い出…。のぞき眼鏡でのぞいた、光りかがやく少年期という黄金時代。

目次

チョロギについて
滝野川中里付近
チンドン屋のこと
なつかしき大鉄傘
狐のだんぶくろ
昭和十一年前後
蘆原将軍のいる学校
漫画オンパレード
まぼろしのトンネル
往年の夏、往年の野球〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

167
本書は、いつもの澁澤節とは趣きを大いに異にする。すなわち、古今東西の文献を縦横無尽に披瀝する博覧強記といったイメージがここでは影を潜めているからだ。表題作は澁澤が幼少時に愛唱した童謡の一節なのだが、ことほど左様に全篇が彼の想い出に彩られているのである。澁澤と同世代で、しかも東京に生まれ育っていれば、ことに強い共感を得られるだろう。また、そうでなくても澁澤の書物の愛好家なら、彼の文体を通じて十分にこのエッセイを楽しめるだろう。ただ、澁澤にあまり馴染みがない読者には…この場合は保証の限りではない。2015/01/24

新地学@児童書病発動中

99
澁澤龍彦氏の少年時代をテーマにしたエッセイ集。人間の暗黒面に切り込んでいくような他のエッセイとは異なり、この本はユーモラスで郷愁を帯びている。昭和の初めの東京山の手の生活が生き生きと描かれていて、読んでいると心が和んだ。自分の子供の頃のことを思い出して、これほど鮮やかに書ける筆力に脱帽した。澁澤氏にとって子供時代はそれほど大切なものだったのだろう。エッセイの中では表題作が一番面白かった。「狐のだんぶくろ」とは一体何かと思いながら読むと、不思議な世界に迷い込んでしまう。2018/06/29

(C17H26O4)

46
空想癖があったとかちょっと影があったとか、少し癖のある子供だったのかなぁと、まず勝手な想像をしましたが、好奇心旺盛で観察眼のある活発な子供だったのですね。氏の様々な思い出から(凄い記憶力が伺えます)、昭和の空気感が伝わってきて楽しく読みました。そして思い出したことがいくつか。わたしの祖母も襖のことを「唐紙」、お新香のことを「おこうこ」と言っていた。「セトモノ」も懐かしい言葉。アドバルーンはわたし自身、かなり小さい頃見た覚えあり。「週刊〇〇は今日発売でーす」なんて空から放送していたのも思い出しました。2018/07/16

misui

10
昭和初期に少年期を過ごした著者の徒然な回想録。終戦とともに青年期に入ったというくらいで、感性の揺籃期であったこの時期に、後の才人がどのような環境にいたのかを覗き見ることができる。澁澤の看板を抜きにしても、中流から上流寄りの東京在の一少年の生活が垣間見れて興味深い。さすがに筆が巧くてするすると読めるのもよかった。2014/09/10

ぐうぐう

10
澁澤龍彦が言う「黄金時代」としての子供の頃の思い出を、ユーモアたっぷりに綴った『狐のだんぶくろ』。文学や美術といった題材を決められて語る評論とは違い、自身の子供時代を自由に振り返る作業は、澁澤にとってはとても楽しく嬉しい作業だったに違いない。記憶と言えば変えようのない硬さがあるが、思い出と言い換えればそこにはイマジネーションが備わる。その思い出というイマジネーションの中を、活き活きと龍彦少年が駆けて行く、これは素敵なエッセイだ。2009/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513634

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。