河出文庫<br> レストレス・ドリーム

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

河出文庫
レストレス・ドリーム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404714
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

桜散る闇と殺りくの街・スプラッタシティでくりひろげられる“夢の中の「私」”桃木跳蛇とゾンビたちとの壮絶なバトル―今世紀最大、史上空前の悪夢を出現させる笙野文学の代表作にして、現代文学の金字塔、待望の文庫化。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

あ げ こ

16
私の戦い。押し込められ、傷つけられ、最初からないものであるとされ、消されかかっていた、私の。変換して組み替えて無効化する、意味を無くす、真逆にする、まったく別のものにする、そうして抜け出そうとする、壊そうとする、作りかえようとする、解き放とうとする、抗う、闘い続ける、すべて言葉を用いて。言語に言葉を以って対する。とんでもなく疲弊する闘い。敵はあまりにも根深くてしぶとい。言葉によって暴く。どんどん暴いて行く。狂ったリズム、その地獄めいた世界を構築する言語の、歪みやインチキ、欺瞞であるとか、嘘臭さや胡散臭さ。2020/11/14

サウダージ

4
サイバーパンク純文学。パソコンのRPGゲームに入り込み映画の「鉄男」をのように主人公はどんどん変身していきながらゾンビや文字と闘い続ける狂いに狂った世界観。たまりませんなぁd(^-^)2017/10/27

ホレイシア

4
究極の言葉遊び、というか駄洒落のオンパレードというか。2008/01/02

あ げ こ

2
歪んだ観念・伝統・慣習を盲目的に遵守するゾンビ共との戦い。延々と続く悪夢の正体は、既存の女性像に対する作者自身の結論の一つであり、彼女を襲うゾンビとの戦いは、その結論に基づいた形の女性として在り続ける為の、命がけの戦いであると思う。彼女を否定する者、彼女の足を引っ張る者、彼女を蔑む者、彼等との隔たりを恐怖する、彼女の心に潜む弱く醜い影の部分。それ等全てを象徴する悪夢との、命を掛けた殺し合い。白熱の言語ゲーム。物語を動かすパワー、物語の原動力である怒りにも似たその力は存外心地よく、一気に貪り読んでしまった。2013/08/27

大福

2
強烈なエネルギーに満たされているが、何しろ難解。どう読めばよいのか。しかし、この作家が言語と戦っているのだということは分かった。たった一人で、自分の内側にある自分と戦っていくと自分が「女」という存在であるということにぶち当たる。その「女」という存在にさらに切り込んでいくのだが、ここがかなり複雑。「女」であることは逃れられず、それでも「女」であることに挑む。ワープロ(言葉?)の中で、言葉に対して言葉を使って戦う。「女」であるとは言葉の問題であり、言葉とは世界を認識する手段であるからなのか?と解釈してみた。2013/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。