河出文庫<br> 日溜まりの水

河出文庫
日溜まりの水

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 178p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404226
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「ああ、青さん。お前に会うために、わたしはここまで生きてきた気がするよ」―。姉の名は小春、妹は夏子、そこは果たして地獄だったか、それとも桃源郷だったのか。美しい姉妹とその兄と文士が綾なす官能世界の極致を描く絶品。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kashinamu

1
この本を読んでまっさきに思い浮かべたのは、吉行淳之介の短編「出口」だった。登場人物やディティール、短編と長編という違いはあれど、近親相姦と鰻というキーワードは、この「出口」から得たものではないだろうか。あまりに似通っているので読み終えた当初はこの「出口」に対するオマージュで書かれたのではないかと錯覚したほどだ。著者はすでに故人なのでその真相を問うことはできないが、着想の段階で「出口」は念頭にあったのではないか…ふと、そんなことを考えた。

ほたる

0
魅惑的で危険な官能の世界。鰻の描写が多かったことから、何故か田中慎弥さんの「共喰い」を連想させられた。2013/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2083494

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。