河出文庫<br> 警視庁草紙〈下〉

河出文庫
警視庁草紙〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 465p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404127
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

後に明治のフーシェとたとえられる密偵使いの名手川路大警視とその影に控える内務卿大久保利通。対するは影の御隠居こと、駒井相模守を初めとする元南町奉行の面々。黒田清隆、山県有朋、高橋お伝、皇女和の宮等、多彩なる人物が織りなす事件の裏で彼らの狐と狸の化かし合いにも似た知恵比べは続く。富国強兵を急ぐ明治の側面を描く連作物語の完結。

目次

痴女の用心棒
春愁 雁のゆくえ
天皇お庭番
妖恋高橋お伝
東京神風連
吉五郎流恨録
皇女の駅馬車
川路大警視
泣く子も黙る抜刀隊

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

林 一歩

19
何となく読まず嫌いで避けてましたが、滅茶苦茶面白かった。図書館に沢山並んでいたので順番に読んでいこうと思います。2013/04/25

まめこ

9
★★★★☆下巻は警視庁の親玉、川路大警視が不気味な存在感を見せ始め、ご隠居のちょっかいもなかなかすんなりときまらなくなる。「皇女の駅馬車」の爆走に笑いながらも、不穏が滲み落ち着かない。それでも兵四郎自身が思わず呟いてしまう程の「随分ご都合主義な」展開や「恋の奇蹟」(笑)と政府が画策する西南戦争など硬軟合わせた風太郎版明治を堪能!苦手な近代史、ちょっと興味がもてたかも?2018/07/29

カミツレ

4
物語に吸い込まれ、読後しばらく虚脱状態に陥った。「死に甲斐を見つけたことは生き甲斐を見つけたこと」なんて、男は馬鹿なことを言うものだ。でもそんな男たちの闘争心と野心こそが歴史を作る原動力なのかもしれない。どうせ全ては時に押し流されるのに。山田風太郎作品を続けて読むと戦中派ならではの歴史観、死生観が染み込んできて、心が諦観と虚無感に浸されそうになってしまうのが少し辛い。でも最高に面白い小説だった!「吉五郎流恨録」から後はまさに「巻を措く能わず」だった。2011/09/01

散歩いぬ

2
元南町奉行で隅のご隠居こと駒井相模守は、作中で何度も言う。「この世を変えるほどの活躍があった者でも、その時が終わればただの人となり、生きている限りは生きて行かねばならぬ。」歴史的運命が終わった者、これから死に花を咲かせようとする者…幻燈辻馬車以上に錯綜する人間曼荼羅にクラクラ。哀切極まってゆく途中、ユーモアが浮かんでは消える。やっぱりこれがなくっちゃ。2011/03/05

マッちゃま

1
上巻からの続き。物語もジワジワと確実に時が流れ、その時流に乗れない人間が住みにくい世の中とも言えるなk、物語もラストへ向かっていく様が切なく感じました。明治の世の一部を切り取ったような、上下巻からなる名作でした。ミステリとしてだけではなく、当時の雰囲気を読みやすいカタチで味わえる時代物としても秀逸!2014/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504065

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。