河出文庫<br> 黒魔術の手帖

個数:
電子版価格 ¥471
  • 電書あり

河出文庫
黒魔術の手帖

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月28日 20時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p
  • 商品コード 9784309400624
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

78
《神はこの樹の実を食う事を禁じ、人間を永久に無知の状態に置こうとしたのである。蛇のおかげで人間は知識を得、邪悪な神に闘いを挑めるようになった》…このカバラ派の原理によれば、基督教は女性の役割を無視し、自然を悪しき存在に貶めたことになる。それが本当なら駆逐された悪の側にちょっと肩入れして、そこに「術」という筋道をつけたくなるのも人情というものだ。例えば記憶術に発するタロットもその一つで、これはアルス・メモリアのように固定した教義はなく、一枚一枚が不断の運動を表す。そうして排除された生命を目覚めさせるらしい。2018/05/03

優希

52
かなりマニアックですね。カバラ、占星術、錬金術、妖術、サバト、黒ミサといった属に黒魔術と言われるオカルティズムをめぐる様々なエピソードが紹介されています。強烈なインパクトがある奇妙で怪しい歴史書と言えますね。このようなことが事実あったのでしょうか。巻末のジル・ド・レエの残虐の限りが怖過ぎます。この手のジャンルを知る上では興味深い1冊でした。2014/12/21

有理数

23
非常に面白い本で、自分の中の好奇心や怖いもの見たさが随分と刺激された一冊。呪い、魔術、ホムンクルス、錬金術、占星術、秘密結社、悪魔……なんだか字面だけでぞくぞく来るようなワードが並んでいて、そこに澁澤の知識と知見がこれでもかと詰め込まれ、わくわくしました。文献の引用も豊富。またジル・ド・レェに多く頁が割かれていて、その思想、行動に度肝を抜かれます。黒魔術。やっていることはともかく、こんな時代があったのだなあ、と幻想に思いを馳せる。いいなあ、ロマンだ……。 2017/09/03

Tomoichi

22
世の中には色んな人がいて、色々なものに興味を持って調べたりするものだ。この本も奇才澁澤龍彦が黒魔術について古書などを調べて書き上げた西洋の裏面史。「ジル・ド・レイ候の肖像」を読むと黒魔術が彼に与えた影響よりも戦争が与えた影響が気になる。今で言えばPTSDだろう。ヨーロッパのキリスト教も土俗化する上で原始キリスト教とは別物になったことが本書を読むと感じられる。2019/04/07

そふぃあ

22
ゼミでボルヘスの論文を書いた時にカバラの本を読んだけどさっぱりだったのが、本書でさっくりと書かれていて嬉しかった。オカルティズムは面白くて好き。2018/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530968

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。