河出文庫<br> 四百字のデッサン

河出文庫
四百字のデッサン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 231p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309400389
  • NDC分類 720.4

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

65
画家・野見山暁治氏のエッセイ集。以前から感じていることだが、画家の書く文章は面白い。小説家のように詳細な描写をするのではなく、本質をズバッと掴み取り、それをこちらに差し出す感じ。野見山氏のエッセイもそんな感じで、人や風景、物を鮮烈に描いている。このエッセイ集では1の「ひとびと」が特に鮮やかな印象を残した。モノクロームの味わいだけど、1人の人間の光と影がくっきりと浮かび上がり、わずか数ページのエッセイでも長編小説を読んだ満足感を得ることができる。2013/08/30

kuukazoo

5
前半の画家や詩人たちとのエピソードがとにかく面白い。芸術家という人びとはやはり常軌を逸している。時代のせいもあるかもしれないが。後半は新聞のコラムに連載したもので、短いが量が多くて若干だれ気味で読んでいたが、時々目の覚めるような切れ味の鋭さがあって、やはり油断ならんと思う。2016/06/16

ホークス

2
画家によるエッセイであるためか、感覚の鋭さ、新鮮さを感じる。度々手を止めて、著者の感覚を想像してみたが、つかみきれない。そのもどかしさも面白い。2014/08/29

のん

1
芸術家の書くエッセイが好きだ。やはり人並みではない生き方や感じかたをする人が多いこと、そして人並みな自分にちょっとした体験をさせてくれる。2012/12/13

出口求

0
これはすごく面白い短編集。戦時中のことをあっけらかんと語る口調から、電話が初めてやってきた日のエピソード等、非常に軽快で面白い文章。本当にこの人は絵の力も文章の力も凄まじい人だと思う。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/111944

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。