発達障害だった大丈夫―自閉症の子を育てる幸せ (増補新版)

個数:

発達障害だった大丈夫―自閉症の子を育てる幸せ (増補新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309248561
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0037

内容説明

子育てが大変なのは自閉症のせいじゃない。ふつうじゃなくても幸せになれるよ。大丈夫じゃなくてもきっと大丈夫…子育てに悩む、すべてのお母さんへのメッセージ。巻末に「やっぱり、大丈夫」を加えた増補新版。

目次

子どもはみんな難しい
うちの子、変?と思ったら
受診までのハードル
「障害児」の家族になる
幼稚園・保育園を選ぶ・学校を選ぶ
下の子を、どうするの?
きょうだいの扱い
カミングアウトの壁
愛されなくちゃ
うちの子が何かしちゃったら
駄目でもともと
おとうさんの役割
手帳とか、パスとか
この子といる幸せ

著者等紹介

堀田あけみ[ホッタアケミ]
1964年、愛知県生まれ。名古屋大学大学院修了。高校二年生のときに「1980 アイコ十六歳」で文藝賞を当時最年少で受賞、ベストセラーに。その後、作家として多くの作品を送り出しながら、心理学者(専門は、発達・教育心理学)として研究者の道も歩む。椙山女学園大学国際コミュニケーション学部表現文化学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自閉症児だから何もできないわけじゃない。自閉症児を含む三人の子を育てる著者からの子育てメッセージ。待望の新装復刊。

堀田 あけみ[ホッタ アケミ]
著・文・その他