Be  pop<br> カリブ・ラテンアメリカ 音の地図

Be pop
カリブ・ラテンアメリカ 音の地図

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784276238244
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0073

内容説明

21世紀は、カリブ・ラテンアメリカの時代!楽しく読めて、地図や写真で見れるガイドの登場。スペイン語、英語、フランス語…に、無数の音楽が溢れかえる広大な地域全域を、USAまで含めて最新情報でカヴァー。ディスク・インフォメーション300枚、カタカナ引き・原語綴り付き索引600項目(人名・地名・事項)、ブック/マガジン・リスト100冊、サイト案内も充実。

目次

第1部 ラテン・インターナショナル、ポピュラーミュージック(サルサ、ポップス、ロック…―北と南のあいだで;ボレロ、フォルクローレ、ヌエバ・カンシオン―“うた”の核心;ロック・エン・エスパニョール―「スペイン語のロック」、だが…;レゲエ―世界化、スカ/ダブへ ほか)
第2部 フォークロア/ローカルミュージック(キューバ―小さな音楽大国;プエルトリコ―生まれ続ける“伝統”;ドミニカ共和国―黒いルーツの蓋は、今から開く!;カリブ海の英語圏とオランダ語圏―トリニダード&トバゴ、ジャマイカ、バハマ、グレナダ、モンセラート、アンティーガ、バルバドス、ドミニカ、スリナム…さまざまな祝祭のなかから ほか)

著者等紹介

東琢磨[ヒガシタクマ]
1964年広島生まれ。こむずかしい現代美術の勉強や舞台美術の仕事をしていた20歳ぐらいの頃に、ジャズ/ブラック・ミュージック経由でサルサに出会い、その衝撃で人生が変わる。中間管理職・本社勤務も含む約8年のレコード屋(今でいうCDショップ)チェーン勤務を経て、流転のフリーランスに。ジャズ/アヴァンギャルドから日本の放浪芸能、Jポップ、映画、文学、プロレス、小泉政治批判…。今まで40近い媒体に執筆、編著・共著は15冊。成蹊大、立命館大、東京外大などでのレクチャーも
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。