コミュニティ・エンパワメントの技法―当事者主体の新しいシステムづくり

個数:

コミュニティ・エンパワメントの技法―当事者主体の新しいシステムづくり

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 159p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784263234624
  • NDC分類 369
  • Cコード C3047

目次

第1部 コミュニティ・エンパワメント 理論編(コミュニティ・エンパワメントとは;コミュニティ・エンパワメントのシステム構造;コミュニティ・エンパワメントの7原則;コミュニティ・エンパワメントの技術)
第2部 コミュニティ・エンパワメント 実践編(住民参加型ファミリー健康プランとアクションプラン―地域開発への活用;科学的な根拠に基づく専門職研修システムづくり;ボランティア活用に向けた環境づくり―当事者のボランティア継続要因の把握とサポート;専門職コミュニティのエンパワメント―虐待予防技術の向上に向けた指標開発 ほか)

著者等紹介

安梅勅江[アンメトキエ]
北海道に生まれる。東京大学医学部保健学科卒業、同大学院にて保健学博士。厚生労働省国立身体障害者リハビリテーション研究所、浜松医科大学を経て、国立看護大学校研究課程(大学院)教授。国際保健福祉学会理事。日本保健福祉学会理事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 当事者主体のケア推進のキーワードとしての「エンパワメント」を,コミュニティの視点から意味付け,プロ技術として展開する一助となることを目的として編集.    

《目次》
<コミュニティ・エンパワメント 理論編> 【コミュニティ・エンパワメントとは】 社会背景 コミュニティとは エンパワメントとは コミュニティ・エンパワメントとは 理論背景 【コミュニティ・エンパワメントのシステム構造】 コミュニティ・エンパワメントのシステム構造と要素 ミクロシステム メゾシステム エクソシステム マクロシステム コミュニティ・エンパワメントのシステム構造分析例 【コミュニティ・エンパワメントの7原則】 関係性を楽しむ 価値に焦点をあてる つねに発展に向かう 柔軟な参加様式 親近感と刺激感 評価の視点 リズムをつくる 【コミュニティ・エンパワメントの技術】 エンパワメント技術モデルの考え方 段階別コミュニティ・エンパワメント技術 機能別エンパワメント技術 <コミュニティ・エンパワメント 実践編> 【住民参加型ファミリー健康プランとアクションプラン―地域開発への活用・科学的な根拠に基づく専門職研修システムづくり・ボランティア活用に向けた環境づくり―当事者のボランティア継続要因の把握とサポート・専門職コミュニティのエンパワメント―虐待予防技術の向上に向けた指標開発・障害児への地域ぐるみのサポートシステムの構築・子育て支援の質向上のためのシステムづくり・地域ケアの連携促進・国際支援とコミュニティ・エンパワメント―開発途上国における障害者ケアシステムと住民サポーターの活用】 背景 コミュニティ・エンパワメントの方法 コミュニティ・エンパワメントの成果 コミュニティ・エンパワメントのポイント 【今後の展開にむけて】