ケアの質を高める看護倫理―ジレンマを解決するために (補訂)

個数:

ケアの質を高める看護倫理―ジレンマを解決するために (補訂)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月21日 21時48分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 104p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784263233917
  • NDC分類 492.9

目次

1 看護の倫理
2 ケアに必要な看護者の倫理
3 患者中心の看護倫理を実践するために
4 看護部門で取り組む倫理的課題
5 看護倫理問題解決モデル
6 看護研究と倫理
7 出生前診断(胎児診断)における倫理

著者紹介

岡崎寿美子[オカザキスミコ]
北里大学看護学部教授

小島恭子[コジマキョウコ]
北里大学病院看護部長

出版社内容情報

《内容》 看護中心の看護倫理のあり方を多角的に追求.医療現場に山積みする倫理的問題と看護業務で直面するジレンマについて,看護者がどう関わっていけばよいか,問題解決モデルも提示しながら,その具体的取組を提示.看護研究を行う上で必要な倫理的配慮をめぐり解説.    

《目次》
【看護の倫理】 倫理 医療倫理 看護倫理 【ケアに必要な看護者の倫理】 患者の権利 看護者の責任 看護師の倫理規定 看護ケアにおけるインフォームドコンセント 【患者中心の看護倫理を実践するために】 医療現場における看護倫理の問題点 看護業務で直面するジレンマ 倫理問題における看護職者の役割 【看護部門で取り組む倫理的課題】 看護倫理実践システムの構築 倫理的意思決定のプロセス 倫理問題の解決策の決定と実施 【看護倫理問題解決モデル】 がんケアの看護倫理 難病ケアの看護倫理 痛みコントロールの看護倫理 【看護研究と倫理】 看護研究を行ううえでの倫理的問題 臨床の現場における研究と倫理 研究者の抱える倫理的ジレンマ 【出生前診断(胎児診断)における倫理】 胎児診断の技術 選択的中絶と母体保護法 胎児診断の倫理的問題 胎児診断の賛否 胎児診断と医療者