助産学研究入門 - エビデンスにもとづく実践をめざして

個数:

助産学研究入門 - エビデンスにもとづく実践をめざして

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 364p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260332682
  • NDC分類 495.9

出版社内容情報

《内容》 エビデンスにもとづく助産ケアのための助産学研究の方法と実際を解説。イギリスのこれまでの助産学研究の歴史を振り返るとともに現状を分析して,今後の方向性を示している。また,エビデンスとなるような研究を行うための方法と戦略,そして研究に必要な基本的な技能について,わかりやすく解説した,助産師必読の本。    

《目次》
 序章
第1部 助産学の研究と実践をめぐる状況
 第1章 助産実践における研究とエビデンス
 第2章 助産学研究のあゆみ
 第3章 NHSにおける研究と開発
 第4章 倫理と倫理に沿った実践
 第5章 研究への消費者の関与
 第6章 既存の知識の検討
 第7章 実践に関する研究疑問と適切な研究方法の活用
 第8章 言葉を行動へ:研究成果の普及と利用
 第9章 実践基準の開発
 第10章 最良の実践のための教育
 第11章 助産学におけるエビデンスにもとづく実践の現状
 第12章 助産学における研究とエビデンスにもとづく実践の開発-今後の20年
第2部 研究の中核となる技法
 第13章 研究計画書の作成
 第14章 各地域の研究倫理委員会への申請
 第15章 質問紙の作成
 第16章 個人およびグループへのインタビュー
 第17章 参加観察による研究と参加観察を用いない研究
索引