シリーズケアをひらく<br> 病んだ家族、散乱した室内 - 援助者にとっての不全感と困惑について

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズケアをひらく
病んだ家族、散乱した室内 - 援助者にとっての不全感と困惑について

  • 春日武彦
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 医学書院(2001/08発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 221p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260331548
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 一筋縄ではいかない家族の前で,われわれ援助者は何を頼りに仕事をすればいいのか。罪悪感や無力感にとらわれないためには,どんな「覚悟とテクニック」が必要なのか――空疎な建前論や偽善めいた原則論の一切を排し,「ああ,そうだったのか」と腑に落ちる発想に満ちた話題の書。    

《目次》
I 「家」という異界-援助者が家庭に足を踏み入れるとき 
II 家族という不思議な存在-援助者が家族と向き合うとき 
III 精神病を理解する◆実用篇-援助者が味わう不安と疑問について 
IV 意外な成り行き、望外の展開-援助者にとっての「幸運」とはなにか 
解答篇