シリーズケアをひらく<br> 感情と看護 - 人とのかかわりを職業とすることの意味

個数:

シリーズケアをひらく
感情と看護 - 人とのかかわりを職業とすることの意味

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年07月27日 16時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260331173
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 看護婦はなぜ疲れるのか。「巻き込まれずに共感せよ」「怒ってはいけない!」「うんざりするな!!」――看護は肉体労働でも頭脳労働でもあるが、なにより感情労働だ。どう感じるべきかが強制され、やがて自分の気持ちさえ見えなくなってくる。隠され、貶められ、ないものとされてきた<感情>をキーワードに、「看護とは何か」を縦横に論じた記念碑的論考!    《目次》 序章 見えない看護婦  1 看護の仕事  2 感情労働としての看護  3 看護婦のイメージ  4 「共感」という神話  5 身体が語る言葉  6 看護における無意識のコミュニケーション  7 死との出会い  8 傷つく看護婦、傷つける看護婦  9 看護婦という生き方  10 組織のなかの看護婦  終章 看護の行方