シリーズケアをひらく<br> 感情と看護 - 人とのかかわりを職業とすることの意味

個数:

シリーズケアをひらく
感情と看護 - 人とのかかわりを職業とすることの意味

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260331173
  • NDC分類 492.9

出版社内容情報

《内容》 看護婦はなぜ疲れるのか。「巻き込まれずに共感せよ」「怒ってはいけない!」「うんざりするな!!」――看護は肉体労働でも頭脳労働でもあるが、なにより感情労働だ。どう感じるべきかが強制され、やがて自分の気持ちさえ見えなくなってくる。隠され、貶められ、ないものとされてきた<感情>をキーワードに、「看護とは何か」を縦横に論じた記念碑的論考!    《目次》 序章 見えない看護婦  1 看護の仕事  2 感情労働としての看護  3 看護婦のイメージ  4 「共感」という神話  5 身体が語る言葉  6 看護における無意識のコミュニケーション  7 死との出会い  8 傷つく看護婦、傷つける看護婦  9 看護婦という生き方  10 組織のなかの看護婦  終章 看護の行方