ウエルネスからみた母性看護過程+病態関連図 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 1008/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260015639
  • NDC分類 492.955

内容説明

医学情報をup to date、正常経過の看護診断リストを掲載。病気がみえる、カルテが読める―目でみる疾患、病態生理、症状、診断・検査値、治療法。ケアの根拠とポイントがつかめる―情報収集、アセスメント、看護診断、ケアプラン、評価。母子と家族の全体像がみえる―看護過程のフローチャート、病態関連図と看護問題。

目次

第1章 妊娠期(妊娠悪阻;異所性妊娠;流産 ほか)
第2章 分娩期(児頭骨盤不均衡(CPD)
骨盤位・横位
微弱陣痛 ほか)
第3章 産褥期(子宮復古不全;子癇;産褥熱・産褥感染症 ほか)
第4章 新生児期(新生児仮死;低出生体重児;初期嘔吐 ほか)

著者紹介

佐世正勝[サセマサカツ]
山口県立総合医療センター総合周産期母子医療センター長

石村由利子[イシムラユリコ]
和歌山県立医科大学保健看護学部教授・母性看護学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期ごとに、「正常経過とアセスメント」「異常とケア」の2部構成。第2版では、正常経過にみられるマイナートラブルについて、ウエルネスの視点からみた看護診断リストを新たに掲載。各疾患の情報を全面的にup to dateし、妊娠・出産に特有の病態生理から臨床までをイラストや図表をふんだんに使って解説。疾患・異常別の看護過程は、正常からの逸脱という視点から展開。内容充実の1冊。