シリーズ分子生物学<br> 遺伝子工学

個数:

シリーズ分子生物学
遺伝子工学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 225p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784254175721
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C3345

出版社内容情報

生命現象の基本的過程の解析に不可欠な遺伝子工学について解説。〔内容〕基本技術/核酸の調製と取扱い/大腸菌での遺伝子操作/酵母でのクローニングと発現/ショウジョウバエの分子遺伝学/培養細胞での遺伝子操作/哺乳動物の胚操作

【目次】
1. 序論
 1.1 タンパク質の改変とその応用
 1.2 遺伝子発現の調節
2. 遺伝子工学の基本技術
 2.1 遺伝子のクローニングと遺伝子操作
 2.2 核酸の調製と取扱い
 2.3 DNAの組換え:切断と連結
 2.4 ゲル電気泳動による核酸の解析
 2.5 核酸のハイブリダイゼーションによる解析
 2.6 PCR
 2.7 遺伝子工学における免疫学的手法
3. 大腸菌での遺伝子操作
 3.1 大腸菌分子遺伝学の基礎
 3.2 大腸菌の培養と保存
 3.3 大腸菌のベクター
 3.4 大腸菌へのDAN導入
4. 酵母の分子遺伝学:酵母でのクローニングと発現
 4.1 実験材料としての酵母
 4.2 酵母の宿主・ベクター系
 4.3 形質転換を用いた遺伝子研究法
 4.4 遺伝子の発現系
5. ショウジョウバエの分子生物学
 5.1 準備
 5.2 飼育
 5.3 発生過程の概略
 5.4 遺伝学
 5.5 唾腺染色体
 5.6 P因子とその利用
 5.7 モザイク解析
6. 培養細胞での遺伝子操作
 6.1 変異株の分離
 6.2 変異遺伝子の分離
 6.3 培養細胞での外来遺伝子の発現
 6.4 培養細胞における遺伝子ターゲット:変異
7. 哺乳動物の胚操作
 7.1 研究の背景
 7.2 マウス発生の概略
 7.3 トランスジェニックマウスの作製
 7.4 標的遺伝子組換え(遺伝子ターゲティング)
 7.5 胚操作による研究
 7.6 遺伝子ターゲティングによって樹立されたマウスのリストの入手(インターネットアクセス)
8. 索 引

【編集者】
関 口 睦 夫
【著者】
大 坪 素 秋, 久 下   理
島 田 和 典, 関 口 睦 夫
續   輝 久, 東 江 昭 夫
中別府 雄 作, 西 島 正 弘
西 田 育 巧, 西 本 毅 治
早 川   浩, 堀 江 恭 二
真 木 寿 治, 山 内 正 剛

目次

遺伝子工学の基本技術
大腸菌での遺伝子操作
酵母の分子遺伝学―酵母でのクローニングと発現
ショウジョウバエの分子生物学
培養細胞での遺伝子操作
哺乳動物の胚操作