応用気象学シリーズ<br> 人間空間の気象学

個数:

応用気象学シリーズ
人間空間の気象学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784254167085
  • NDC分類 451
  • Cコード C3344

出版社内容情報

人間生活にもっとも関係深い地表付近の大気境界層で起こる気象現象を,関連諸分野に応用がきくよう具体的に解説。〔内容〕大気境界層の理論/不均一な地表面の影響(局地風,山谷風,海陸風など)/都市環境(熱収支,ビルキャノピーなど)

内容説明

人間が生活をしている地表付近では、どのような法則が気象を支配しているのであろうか。人間活動が活発になってきて地表面を人工的に変えたことがどのように気象に影響を与えているのであろうか。本書は特にこの2点に注目して現在までに得られた知識をまとめた。

目次

1 大気境界層(接地層;エクマン層 ほか)
2 不均一な地表面の影響(線形論でみる局地風;海陸風と山谷風 ほか)
3 都市環境(熱収支;地表面条件と気温の日変化 ほか)
4 大気汚染と気象(ガウス分布型モデル;対流境界層中の拡散 ほか)

著者等紹介

木村龍治[キムラリュウジ]
東京大学海洋研究所

近藤裕昭[コンドウヒロアキ]
1979年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。現在、独立行政法人産業技術総合研究所環境管理研究部門大気環境評価研究グループグループ長(理学博士)。専門は気象学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。