数学30講シリーズ<br> ルベーグ積分30講

個数:

数学30講シリーズ
ルベーグ積分30講

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2022年01月25日 17時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 22X15cm
  • 商品コード 9784254114843
  • NDC分類 413.4
  • Cコード C3341

出版社内容情報

〔内容〕広がっていく極限/数直線上の長さ/ふつうの面積概念/ルベーグ測度/可測集合/カラテオドリの構想/測度空間/リーマン積分/ルベーグ積分へ向けて/可測関数の積分/可積分関数の作る空間/ヴィタリの被覆定理/フビニ定理/他

【目次】
1. 広がっていく極限
2. 数直線上の長さ
3. 直線上の完全加法性の様相
4. ふつうの面積概念―ジョルダン測度
5. ルベーグ外測度
6. ルベーグ内測度
7. 可測集合―ルベーグの構想
8. カラテオドリの構想
9. カラテオドリの外測度
10. 可測集合族
11. 測度空間
12. ルベーグ測度
13. 可測集合の周辺
14. 測度論の光と影
15. リーマン積分
16. ルベーグ積分へ向けて
17. 可測関数
18. 可測関数の積分
19. 積分の基本定理
20. 積分の性質
21. Rk上のルベーグ積分
22. 可積分関数のつくる空間
23. 完備性
24. L2-空間
25. 完全加法的集合関数
26. ラドン・ニコディムの定理
27. ヴィタリの被覆定理
28. 被覆定理の応用
29. フビニの定理
30. 位相的外測度
31. 索 引

目次

広がっていく極限
数直線上の長さ
直線上の完全加法性の様相
ふつうの面積概念―ジョルダン測度
ルベーグ外測度
ルベーグ内測度
可測集合―ルベーグの構想
カラテオドリの構想
カラテオドリの外測度
可測集合族
測度空間
ルベーグ測度
可測集合の周辺
測度論の光と影
リーマン積分
ルベーグ積分へ向けて
可測関数
可測関数の積分
積分の基本定理
積分の性質〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1
非常にわかりやすかった。ただ、ルベーグ積分後にリーマン積分の章があったのは意外に感じた。ジョルダン式測度についてはまだ勉強不足の部分が多いと感じた。カラテオドリとかは完全に忘却していた。後に購入することになるだろう。2014/06/06

みょん

1
読みやすくて分かりやすい、雰囲気をつかむための本。〜フビニの定理まで。ラノベ。2013/03/22

home alone

1
読みやすい。ルベーグ積分とは何かが大体分かるだろう。集合の基本が分かってないと意味不明かもしれないので、集合の知識は前提である。2012/06/30

0
読み物として大体の雰囲気を掴むには良いと思いました。

jiwasawa

0
軽い本のはずだが、抽象的思考訓練の不足なのか、半分あたりからついていけなくなった。ただ、測度論、ルベーグ積分論から展開されて、最終的にはハウスドルフ測度まで行き、自分が今のところ興味を持っているカオス、フラクタルを掘り下げるならこの分野も勉強していかなければいけないのか、と漠然と感じられた。2013/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。