文春文庫<br> だるまちゃんの思い出 遊びの四季―ふるさとの伝承遊戯考

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
だるまちゃんの思い出 遊びの四季―ふるさとの伝承遊戯考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月06日 03時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167916961
  • NDC分類 384.5
  • Cコード C0195

出版社内容情報

〈第23回日本エッセイスト・クラブ賞〉〈第15回久留島武彦文化賞〉受賞。
生誕92周年に記念復刊した名エッセイの文庫化。

1926年に福井県の小さな町で生まれ7歳まで過ごした。自然豊かな地でのびのびと自由に遊んだ経験をもとに、ごく平凡な子供の遊びを綴った本。
とはいえ、ただ昔を懐かしむものではなく、子供自身が何を考え、どう感じ、様々な思考と準備を経て、生活や人間関係の悩みや葛藤も抱えながら「遊んでいた」のか――。大人の目ではなく、子供の心になって遊びを見つめてきたエッセイ集。

目次より抜粋
「ささ舟さらさらー春の遊び」 花占い/ぺんぺん草/すもうごっこ/指きりげんまん/陣とり/なわとび/てんと虫とばし…
「ほたるの唄ー夏の遊び」 河原の魚とり/ホタルがり/七夕の提灯/鬼ごっこ天国/じゃんけんうた…
「風とねこじゃらし―秋の遊び」 ゴムひもとび/じゃんけんグリコ/あやしきカゲふみ/兵隊ごっこ戦争ごっこ…
「つららと霜やけー冬の遊び」 ガラス玉のおはじき/あやとり糸とり/タコタコあがれ/雪あそび/窓辺のゆげ絵あそび…

本人による「あとがき」「新あとがき」付き。

※文庫版には、「月刊文藝春秋・巻頭随筆エッセイ」(2014.7月号)を追加。また巻頭に〈子供の季節の遊び〉を描いた貴重なカット絵を中心とした16pのカラーページを挿入。

※文庫解説・辻惟雄(美術史家)

内容説明

幼いころ駆け回った、故郷福井の野山。蕗の薹を見つけて春の訪れを知り、夏になれば笹の枝を手折ってホタルがり。鬼ごっこや影ふみは自分たちでルールを変えてスリル満点!飽きずにくり返し遊んだ。自身の子ども時代の「遊びの記憶」をたどった名エッセイ。文庫版には貴重なカット満載のカラーページを増補。

目次

ささ舟さらさら―春の遊び(草のうた花のしらべ;練兵場のタンポポ ほか)
ほたるの唄―夏の遊び(夏草原の大立まわり;河原の魚とり ほか)
風とねこじゃらし―秋の遊び(緋いろ妖しきひがん花;誰そかけし草のわな ほか)
つららと霜やけ―冬の遊び(たそがれの祈りと願い;ガラス玉のおはじき ほか)

著者等紹介

かこさとし[カコサトシ]
絵本作家、児童文化研究者。1926年現在の福井県越前市に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒。工学博士。技術士(化学)。大学卒業後は民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動に従事。子ども会で紙芝居や幻灯などの作品を作り、1959年『だむのおじさんたち』で絵本作家の道へ。1975年に『遊びの四季』で久留島武彦文化賞、日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2008年菊池寛賞、2009年日本化学会より特別功労賞、2017年巖谷小波文芸賞受賞。2013年福井県越前市に「かこさとし ふるさと絵本館『〓(らく)』」が開館した。2018年5月2日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。