文春文庫<br> 戦争と国土―司馬遼太郎対話選集〈6〉

個数:

文春文庫
戦争と国土―司馬遼太郎対話選集〈6〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167663261
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

司馬遼太郎がノモンハン事件の調査を始めたのは、彼自身が戦車兵であった経験に加え、貧弱な能力のままソ連軍と戦った日本軍の構造と関東軍参謀の行いに、近代日本の問題点が表れていると考えたからである。その致命的な弱点が変わっていないことを70年代以降の社会に読み取り、「日本人への遺言」を語り続けた8篇を収録。

目次

ノモンハン、天皇、そして日本人(アルヴィン・D・クックス)
日本人と軍隊と天皇(大岡昇平)
「敗戦体験」から遺すべきもの(鶴見俊輔)
日本人の狂と死(鶴見俊輔)
日本の土地と農民について(野坂昭如)
現代資本主義を掘り崩す土地問題(松下幸之助)
土地は公有にすべきもの(ぬやま・ひろし)
日本人への遺言(田中直毅)

著者等紹介

司馬遼太郎[シバリョウタロウ]
大正12(1923)年、大阪市に生れる。大阪外国語学校蒙古語科卒業。昭和35年、「梟の城」で第42回直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、「世に棲む日日」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、「街道をゆく“南蛮のみち1”」で日本文学大賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労者。平成5年、文化勲章受章。平成8(1996)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

50
戦争体験を持つ著者と対談者たちの戦争当時の日本の在り方だったり、またバブルという時代柄「土地」に関わる対談が多かった。<投資という危うさ&土地の公有化>という少し懐かしい気持ちで読んだ。いや、今の時代に読んでも十分通用するかもしれない。懐かしさの中に新鮮さを感じた土地問題対談がこの巻では印象深かった。2018/10/23

ナハチガル

16
戦争についての3篇はそれぞれにおもしろく、土地についての4編は話に重複が多く、ちょっと退屈だった。いずれも小説に書かなかったようなことばかりだからか、いらだちや諦め、辛辣な言葉が散見され、読後感は小説のようにさわやかでも痛快でもないが、今読んでも十分考えさせられる。つまり問題は変わっていないという事か。「『逃れられない社会』。亡命もできなければ、捕虜にもなれない社会が、たしかに日本の中に存在しています」。「自他ともに加害者・被害者の一人二役を演じていて、電子レンジの中にいるみたいです」。A。2021/09/26

時代

13
戦争と国土。七人との対談をまとめたもの。司馬さんが亡くなる直前の対談では日本の土地転がし問題を。国土は公有であるべきであり投機対象ではない。汗をかいて初めて資本主義だと。あっしにはもうお馴染みのフレーズとなりました△2020/07/31

まさにい

7
大岡昇平がらみでこの本に行き着いた。この本は対談であるので、小説にはない作家のなまの声があるのがいい。大岡さんの他に僕の知っている人では、野坂昭如さんや松下幸之助さんとの対談がある。この対談の方々は、みな戦争を経験しているが、微妙に年代が違うことと、戦争体験の内容が違うということがある。この違いが、そのあとの考え方に影響していることがわかってよかった。個人的には、鶴見俊輔さん(この本を読んで初めて知った)の『期待の次元と回顧の次元』の考え方が印象に残った。読んでよかったと思う。2016/05/30

AICHAN

6
奇しくも司馬さんの命日に再読を終えた。司馬さんは昭和30年代初頭から日本の国土が何の思想もなく破壊され投機の対象になっていくのをリアルタイムで目撃し続け、このままでは日本は滅びると深刻に悩んだ。司馬さんは土地は「公」であり土地を共有する思想が不可欠だとの考えに辿り着く。後のバブルとその崩壊を予言するような言葉も散見される。8編の対談の最後は司馬さんの遺稿のひとつとなった「日本人への遺言」。他に、昭和軍部の愚かさの象徴とも言えるノモンハン事件についての対談なども。すべて噛み締めて読ませていただいた。2012/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/474943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。