松本清張全集 〈6〉 球形の荒野/死の枝

個数:

松本清張全集 〈6〉 球形の荒野/死の枝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 04時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 460p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784165090601
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0000

出版社内容情報

球形の荒野・死の枝

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

de sang-froid

1
「球形の荒野」――清張の新しい手法の試みが感じられる。すべての謎がきっちり解明された終わり方にはなっていないが、主点が事件でなく親子の絆に置かれているので仕方がない。淡い優しい終わり方なのだが、個人的には面白くない。「死の枝」――短編集は小粒ぞろい。2009/12/04

はまじい

0
1971/02/15

ラリーマードック

0
「球形の荒野」は昔1度は読んだはずで、テレビでも見たと思うけれども、既読感、既視感はあまりなく、新鮮な思いで読むことが出来た。終戦工作の話といっても今の若い人にはピンとこないでしょ。ラストが「七つの子」で終わるというのも、まぁ古いねぇ。でもオーラスまで持っていく話の運びは非常に面白かったと思います。2021/09/19

ゴリゾウ

0
『球形の荒野』は、松本清張の長編推理小説。『オール讀物』に連載、1962年1月に文藝春秋新社から刊行された。「もはや戦後ではない」と言われた時代に、「第二次世界大戦の亡霊」ともいうべき一人の男を登場させ、それに伴う波紋と、揺れ動く家族の心情を描く、ロマンティック・ミステリー。「死の枝」は十一編の連続短編集。 交通事故死亡1名:タクシーが引き起こした交通事故は、乗客が周到に仕組んだ罠だった。 最後まで飽きさせない佳作。(ウィキペディア) #5611998/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/275211

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。