松本清張全集 〈2〉 眼の壁/絢爛たる流離

個数:

松本清張全集 〈2〉 眼の壁/絢爛たる流離

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 05時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 469p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784165090205
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0000

出版社内容情報

眼の壁・絢爛たる流離

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雲國斎

13
「眼の壁」「絢爛たる流離」の長編2作。「眼の壁」は、「砂の器」や「点と線」などを読んだ40数年前に、新潮文庫に収録されて出ていたのを何度も手にとっては、結局読まないままきて、やっと読んだ清張初期の作品。もう一編の「絢爛たる流離」も題名は耳にしたことがあったが、今回が初読。3カラットのダイヤモンドの遍歴を犯罪にからめて描く。こちらのほうがおもしろかったな。2021/09/17

ArenasR

5
(今んとこ)松本清張で安心なのは、悪事は必ず露見する、悪いやつには罰が下るってところで。しかし、新聞記者もまだ飛行機乗ったことがないとかマイカーもまだあんまり一般的でない感じ(?)とか、さすがに時代だなぁ。松本清張読んでると、当時の社会状況、時代背景みたいなものがすごくよく知れる気はする。2016/04/01

te_R9

2
「眼の壁」だけ読了.松本清張読書2作目.最初は経済小説?って思ったけど全然違った.点と線よりも読み応えがあったように思う.風呂桶のくだりは想像するとなかなかにグロかったけど犯人の言葉をもうすこし聞きたかったのでちょっとあっさりしすぎという気も.2014/03/31

ラリーマードック

1
「絢爛たる流離」の本当の主人公である3カラットのダイヤモンドの流転の程が面白い。そのダイヤモンドが同じ宝石商のところに戻ってくるという設定に味がある。「点と線」よりはトリック臭さが少ないと思う。本巻に所収の2編、いずれもこの先どうなるのかとページを繰る手が止まらない。2021/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。