松本清張全集 〈1〉 点と線/時間の習俗

個数:

松本清張全集 〈1〉 点と線/時間の習俗

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 16時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 438p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784165090106
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0393

出版社内容情報

点と線・時間の習俗・影の車

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おりん

27
巨匠にも関わらず著者の作品を読んだことがなかったので読んでみる。社会派ミステリだけあって地に足のついた設定で地味だが、収録話全てに共通して戦後間も無くの雰囲気が色濃く出ていて、まるで今の日本と同じ国だと思えない。そういう意味で全編面白かった。また、点と線のトリックは印象的で良かった。名作と言われるだけはある。難点はやはり古い作品だからか、読み辛いところ。2017/10/21

ArenasR

5
『点と線』ようやく。7巻読んだときも思ったけど、最後に謎解きパートに入ると、手紙とか供述とかでつるつる終わってしまうパターンが多いような。著者が力尽きてる、飽きてる...ってことはないよね... 逮捕状出すには多少物証が少なくないか、と思わんでもないし... というのはともかく、やっぱり著者の歴史好きというのもしみじみ実感する。これは歴史読み物か、紀行文か、と迷い始めたら事件勃発、みたいな。 2016/03/22

仮面堂

3
ドラマを観て気になった『時間の習俗』とついでにシリーズ(?)の『点と線』を読みたくて図書館から借りました。時間の都合により『影の車』はブッチw 『点と線』ビートたけし主演のドラマを観た筈なのだけれど、ラストこんなんだったっけ? とうろ覚え。時代を現代に移したドラマ版『時間の習俗』はディテールとか色々と派手に。あのラストの独白がミジンコの尻尾もなくて腐女子的には残念でした。2014/05/31

2
図書館で松本清張の全集コーナーをみつけ、ミステリ好きのくせに松本清張を読んでいないなんてダメよね、と1巻を借りてきました。松本清張といえば「点と線」!時刻表トリックの草分け的な作品なので粗筋は知っていましたが、面白く読めました。というか、昭和30年代の東京駅のダイヤの過密具合にビックリ。「時間の習俗」は物語も面白いけれど、ニュース映画やらカラー写真の現像事情など、当時の習俗を知る面白さも加味されてて興味深いです。短編集の「影の車」も、犯行を見破る過程が都合良すぎなきらいはあるけどまずまず面白かったです。2015/07/26

はまじい

1
約半世紀ぶりに再読、時代背景は変わっているが松本清張の秀作2点は色褪せていない。2016/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/266864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。