• ポイントキャンペーン

病気の日本近代史―幕末から平成まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163740508
  • NDC分類 490.21
  • Cコード C0095

内容説明

脚気菌を発見?精神科医が発狂?戦死より戦病死が多い?喫煙率が減ったのに肺ガン患者は増加…?そんなバカな事があっていいのか!歴史学(近現代史)の泰斗が医学史に挑戦。日本人は「難病」といかに闘ってきたか。

目次

第1章 黎明期の外科手術
第2章 脚気論争と森鴎外
第3章 伝染病との戦い
第4章 結核との長期戦
第5章 戦病の大量死とマラリア
第6章 狂聖たちの列伝
第7章 肺ガンとタバコ

出版社内容情報

「南京事件論争」でお馴染みの近現代史専攻の歴史家が病気に罹って目覚めた「医学の歴史」。日本人は「難病」といかに闘ってきたか

本書に登場する主要人物
(医者)シーボルト、ベルツ、スクリバ、華岡青洲、近藤次繁、森鴎外、高木兼寛、野口英世、青山胤通、北里柴三郎、斎藤茂吉、平山雄、森岡恭彦、大鐘稔彦・・・・・

(患者)明治天皇、和宮、秋山真之、夏目漱石、樋口一葉、島村抱月、松井須磨子、竹久夢二、堀辰雄、大岡昇平、太宰治、城山三郎、吉村昭、芦原将軍、大川周明・・・・・

目次
・第一章 黎明期の外科手術
盲腸炎―切るのか散らすか/本邦初の虫垂切除は?/華岡青洲の妻と母/乳がん手術の「近代化」突出した幕末の「名医」たち/主流になったドイツ留学/スクリバと近藤次繁

・第二章 脚気論争と森鴎外
明治天皇の脚気/脚気菌から栄養障害説まで/高木兼寛の脚気退治/軍医森鴎外の兵食論/「露国以上の大敵」と/麦飯論争の行く末/ビタミンBの発見

・第三章 伝染病との戦い
疫病神にとりつかれ/「あばた」も「えくぼ」?/あいつぐ細菌の発見/ペストから生還した青山と北里/ペストの本邦侵入事情/黄熱病と野口英世/忘れられたスペイン風邪/抱月・須磨子の純愛劇

・第四章 結核との長期戦
先史から明治まで/一葉・陸奥・子規・正子は/「不如帰」と「野麦峠」のヒロイン/富士見高原のユートピア/堀辰雄と「風立ちぬ」の世界/死因第一位から二十七位へ/戦後文人たちの闘病記

・第五章 戦病の大量死とマラリア
ミンドロ島の大岡昇平/日清・日露戦役の病跡/戦病の主役は?/中国戦線では/新顔の栄養失調症/南方戦場では/明暗を分けた日米マラリア戦/輸血とペニシリン

・第六章 狂聖たちの列伝
発狂した精神科医/精神医学の先駆者たち/芦原将軍の年代記/ひじりとぞ思ふ/精神病の輪郭と定義/漱石から大川周明まで/平沢貞偶と帝銀事件/狂犬病とコルサコフ症

・第七章 肺がんとタバコ
肺がん死が稀だった時代/肺がんの促進因子は/非喫煙者のガンが増えている/平山コホートの転変/ウィーン会議では物別れ/疑わしきは罰すWHO路線/次は酒かケイタイか?

1 主要な病気名、患者、死者の統計
2 病気と医療関連の諸情報
3 健康関連の基本的統計
4 主要なノーベル生理学医学受賞者

あとがき