• ポイントキャンペーン

昭和のまぼろし―本音を申せば

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163680705
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

なぜ「昭和の風景」がわれわれをひきつけるのか。街が変わり、ひとが変わり、時代が変わる。昭和とはどんな時代だったのか。「週刊文春」好評連載エッセイ最新刊。

目次

ミュージカル映画・ベスト10
ケヴィン・スペイシーに脱帽
「ええじゃないか」で明けた年
笑わせて泣かせる秀作「パッチギ!」
NHKがいらない理由
編集者としての江戸川乱歩
「希望がもてない雰囲気」
ホクロ
笹川美和のオールナイトニッポン
東京大空襲のイメージ〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

荒川ながれ

1
2005年に書かれたエッセイを2018年に読んだ。この年は、政治は小泉首相のワンテーマポリテックス「郵政民営化」批判。「ミリオン・ダラーベイビー」「パッチギ」を評価していた。面白い。2018/08/29

ぼの

0
週刊文春での連載エッセイ。小林信彦が長澤まさみを高評価しているのに驚いた。2009/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/376219

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。