ハヤカワ文庫<br> アシモフのミステリ世界

ハヤカワ文庫
アシモフのミステリ世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 485p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150107925
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

月面上で前代未聞の殺人事件が発生した。月世界自治領が建設されて50年、宇宙船の爆発や宇宙服の故障などによる事故で、凍死したり、窒息死したり、墜死した人間はいた。だが、交通手段の限られた月でわざわざ殺人を犯す者などいなかったのだ。しかも捜査当局には犯人の目星はついているにもかかわらず、その容疑者には崩すに崩せぬアリバイが…「歌う鐘」をはじめ、地球や月面、宇宙空間で起こる難事件を、自室から一歩も出ずに次々と解決する変人で旅行嫌いの地球外環境学者アース博士の活躍を描く連作短篇やデビュー作の「真空漂流」を含む傑作SFミステリ13篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Small World

23
自分の文庫書棚は前後2列に入れているので、時々、未読本が発見されることがあり、これは、その一冊です。恐らく25年前ぐらいに購入したのではと思いますが、そのこともあって、ヴィンテージものを味わうように読みました。w 個人的には「死亡記事」が一番面白かったです。2017/10/08

鐵太郎

9
SFでミステリは無理だ、と言う風潮があったようです。作者が気ままにアンフェアな事を平気で起こせる世界で、フェアな推理が楽しめるのか。しかし、とアシモフは反論します。ミステリとしてのルールを守るSFだって書けないことはないだろう。そこで彼は「鋼鉄都市」を書き、その続編である「はだかの太陽」を書き、その間にいくつかのSFミステリの短編を書きました。それをまとめたのがこの一冊。2011/03/20

はんげつ

5
さすがアシモフ、SFミステリのお手本のような最上級の一冊でした。SFが絡んだ魅力的な謎、SFが絡んだストーリー、SFが絡んだロジック……SFを読む興奮とミステリを読む愉しさとをミキサーにかけたような快感で気分はもう最高! 倒叙の「歌う鐘」「死の塵」、ダイイング・メッセージの「もの言う石」、フーダニットの「やがて明ける夜」、完全犯罪の「死亡記事」「反重力ビリヤード」、短篇集に一作あるかないかのベスト級を挙げてみたらこんなにあってくそビビる。特に「反重力ビリヤード」はマジで凄い。こんな死に方してみたい。2019/06/29

おーすが

4
シリコニーってどんな話だっけと思って数十年ぶりに再読。うっすらした記憶すらない。面白かった。2019/07/30

shiro

4
アシモフのSFミステリ短編集。ウェンデル・アース博士の活躍が楽しい。好きなのは「金の卵を産むがちょう」「ヒルダぬきでマーズポートに」。特に後者は冒頭から妻ヒルダへの愛を切々と語っておきながら彼女が一緒に火星にこれなくなった途端に『で、ぼくはフローラを呼びだした』ときたものだからついコラと突っ込まざるをえなかった。ここまでくるといっそ清々しいなと思う。妻と再会したあとがとても気になる。2017/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。