ピーターラビットの田園から―イギリス・湖水地方の旅

  • ポイントキャンペーン

ピーターラビットの田園から―イギリス・湖水地方の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 110p/高さ 22X19cm
  • 商品コード 9784140086933
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0097

内容説明

世界一愛されたウサギ、ピーターラビットとその仲間たちの物語。ナナカマドの葉が赤く色づき始めた湖水地方のソーリー村に、ピーターラビットを生んだビアトリクス・ポターの家はあった。石づくりの古い農家、羊がのんびりと草を食む緑の丘に、そして家の中にはビクトリア朝時代からの古い家具、そのどれもがあの絵本の舞台そのものであった。

目次

「ピーターラビットのおはなし」
湖水地方のソーリー村
「虹」―ワーズワース
「序曲より」―ワーズワース
湖水地方とビアトリクス・ポター(加藤節雄)
100年まえのイギリスで起こったこと(矢川澄子)
ママバニイと、ピーターラビットに思いを馳せて(西村玲子)
ピーターラビットの誕生まで
ビアトリクス・ポターの生涯(吉田新一)
「りすのナトキンのおはなし」
ピーターラビットの仲間たち
今も残る絵本の舞台
ピーターラビットと私(大貫妙子)
「ピーターラビットの絵本」の魅力(吉田新一)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がらくたどん

20
ポターの湖水地方保存活動を取り上げた絵本(!!)のご感想に惹かれて、手元の湖水の旅の本を。自宅と家人の実家を合わせると代々ウサギばかり6~7羽は共に過ごしたことになる。最長寿は13歳で月に帰った。性格も様々。なぜか悪戯好きで逃げ足の速い子が多かった。だからか、ピーターの悪童振りは大好き。本書は湖水地方を「ピーターラビット」をキーワードに紹介するテレビ番組の記録本。なので湖水地方の概要からピーターの物語の舞台・ポターの生涯までそつなく網羅されている。写真や図版が多くて、解説も分かりやすく丁寧な造りで楽しい。2021/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/98079

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。