NHKブックス<br> 開国―日露国境交渉

  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
開国―日露国境交渉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784140016206
  • NDC分類 210.593
  • Cコード C1320

内容説明

クリル諸島の国境を画定し、開国を決めた1855年の日露通好条約。締結に向けた1年半に及ぶ交渉過程を、新史料を加えてたどる。直前のペリーの威圧的な開国要求と異なるプチャーチンの辛抱強い、平和的な能度等をロシア史のコンテキスト中に置き、18、19世紀の日露接触、日本人のロシア観、敵として、隣人として、先生としてみなしてきた歴史を加えて、日ソ関係の原点をふり返る。

目次

1 使節の出発
2 長期にわたる努力
3 日本人のロシア観
4 二つの航海―プチャーチンとペリー
5 長崎交渉
6 さまよえるロシア艦隊
7 下田交渉
8 調印以後
9 同時代の日本とロシア
エピローグ 1855年のクリル諸島