ホスピスで死にゆくということ―日韓比較からみる医療化現象

個数:

ホスピスで死にゆくということ―日韓比較からみる医療化現象

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年05月28日 19時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130664097
  • NDC分類 490.15

目次

死にゆくことの社会学
第1部 ホスピスを分析する視点と枠組み(ホスピスの「医療化」とは何か?;ホスピスの「医療化」への三つの過程)
第2部 ホスピスの「医療化」の背景と実態(日韓ホスピスの歴史;制度化によるホスピスの「医療化」)
第3部 ホスピスを推進する医療者の認識(ホスピス実践と運動;専門化と制度化;ホスピスの「医療化」と望ましいホスピス)
ホスピスの構想にむけて

著者紹介

株本千鶴[カブモトチズル]
1991年筑波大学第二学群比較文化学類卒業。1992年大韓民国ソウル国立大学大学院人類学科修士課程特別研究生。1995年筑波大学大学院地域研究研究科修士課程修了。2016年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。現在、椙山女学園大学人間関係学部教授。博士(人間・環境学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

当事者や家族の終末期ケアの意思決定など、高齢社会におけるホスピスの「医療化」のあり方を、日韓の医療者への調査から解明する。人びとにとっての望ましい最期を支えるホスピスが,「医療化」によってどのように変化したのか.日本と韓国の医療者へのインタビュー調査を通じて,これからのホスピスのあり方や,当事者や家族の終末期ケアの意思決定と,社会の理解の必要性を丹念に提示する.

序 章 死にゆくことの社会学



第I部 ホスピスを分析する視点と枠組み

第1章 ホスピスの「医療化」とは何か?

第2章 ホスピスの「医療化」への三つの過程



第II部 ホスピスの「医療化」の背景と実態

第3章 日韓ホスピスの歴史

第4章  制度化によるホスピスの「医療化」



第III部 ホスピスを推進する医療者の認識

第5章 ホスピス実践と運動

第6章 専門化と制度化

第7章 ホスピスの「医療化」と望ましいホスピス



終 章 ホスピスの構想にむけて



Dying in Hospice Care in Japan and Korea: A Comparative Study

Chizuru KABUMOTO

株本 千鶴[カブモト チヅル]
株本 千鶴
株本千鶴:椙山女学園大学人間関係学部教授