変化のなかの雇用システム

個数:
  • ポイントキャンペーン

変化のなかの雇用システム

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月20日 07時30分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130402071
  • NDC分類 366.21
  • Cコード C3033

出版社内容情報

日本型雇用システムについての「常識のウソ」を批判してその実像を明らかにし,一九九〇年代以降の変動をバブル崩壊後の時期,経済構造改革期,金融危機後の時期に分け,データに基づいて分析する.雇用システム改革への新たな視座を提起.

内容説明

本書が提供するものは、この10年ほどの期間に、雇用問題と雇用システムに関わる諸問題について、著者が折りに触れて書きしるしてきた文章の集積である。もちろん、本書の中でも、雇用システムをめぐる様々な問題についての分析を踏まえて、政策的含意を論じている。その中には、具体的な政策提言も含まれている。だが、包括的な政策要綱を論ずるものとはなっていない。にもかかわらず、このような形で本書を世に問うことにしたのは、雇用問題と雇用システムをめぐる議論を社会科学的研究の正常な軌道にのせ、より本格的で包括的な雇用システム改革の議論を促す触媒の役割を果たしうるのではないかと考えたためである。

目次

第1部 雇用システムの歴史的形成(戦後における日本型雇用システムの確立;年功賃金の変遷:年齢か勤続か)
第2部 バブル崩壊期の雇用問題と雇用システム(バブル崩壊後の日本の雇用変動:雇用は流動化したか;典型的雇用と非典型的雇用:雇用就業形態は多様化したか ほか)
第3部 構造改革期の雇用問題と雇用システム(経済構造改革と雇用問題;石油産業の構造改革と雇用問題)
第4部 金融危機後の雇用問題と雇用システム(金融危機以後の雇用調整;若年雇用問題深刻化の背景)
第5部 雇用システム改革の視座(生活賃金としての年功賃金;解雇法制と雇用システム:労使関係論的考察 ほか)

著者等紹介

仁田道夫[ニッタミチオ]
1948年山口県生まれ。1971年東京大学経済学部卒業。現在、東京大学社会科学研究所教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。