中公新書<br> カラー版 将棋駒の世界

個数:

中公新書
カラー版 将棋駒の世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 01時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121018694
  • NDC分類 796
  • Cコード C1276

内容説明

インターネットを介したオンライン将棋が盛んだ。しかし、盤駒を使う将棋の魅力が減じたわけではない。木の宝石といわれる黄楊に、美しい漆で文字をあしらった将棋駒は、遊具を超えた工芸品としての魅力をもっている。材質や書体をはじめ、鑑賞やコレクションに必要な知識を美しい写真とともに紹介。

目次

第1章 駒の基礎知識―基礎知識を学んで、駒の魅力にふれる
第2章 バラエティーに富んだ書体―駒に彩を添える
第3章 名工たちの軌跡―「五人の名工」を中心に
第4章 使われてこそ名駒―傷ついても、いやます魅力
第5章 将棋用具とのつきあい方―いい駒・いい道具にめぐり合うために

著者等紹介

増山雅人[マスヤママサト]
1949年(昭和24年)、東京に生まれる。明治大学政治経済学部卒。編集プロダクション・逍遥舎経営。多数の棋書を編集。酔棋という号をもち、駒作りを続けている。「将棋駒研究会」所属、「将棋ペンクラブ」会員。『駒のささやき』(駒研出版会)では、編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

73
将棋の駒に注目したことがなかったが奥の深いものだなと実感。2013/11/30

kazi

29
将棋駒の世界、完全にマニアの世界です。名工が作る盛上駒などは、将棋というボードゲームの“単なる道具”という役割を完全に超越してる。価格的にも天井知らずの古美術品・工芸品の世界。木の宝石というべき美しい名品の数々を写真で鑑賞できる楽しい一冊でした。宮松影水作による赤柾の名品とか、将棋かじった人間なら誰しもが憧れますよね~。現在なら数百万円レベルの影水作盛上駒が、生前は最高木地でも5万円くらいだったなんて・・!本書で初めて知りました・・。このような深遠な芸術は評価されるまでに時間がかかるって事かな?2020/11/29

Twakiz

24
将棋の駒は,芸術作品です.へぼ将棋指しとしては,プラスチックの駒でいつも指しているのですが,いつかは本ツゲの駒を持っても恥ずかしくない腕前になりたい.この本はkindleで流し読み,写真を眺めるだけでもうっとりです.将棋の駒作りに人生をかけておられる方々もいるのだなぁ.きれいな駒でいい将棋を指す,これ人生のひとつの贅沢だなぁ.2018/08/30

けんとまん1007

11
多少、将棋は知っているので、馴染みやすい。それにしても、奥深いものだと思った。それと、子供の頃に使っていたような駒も掲載されていて、とても懐かしかった。確かに、いいものは、使うに従ってその材料の特性が現れてくるだけでなく、味わいも深まっていく。それと、駒だけを観る場合と、将棋盤との組み合わせで観るのでは、こんなにも雰囲気が違うとは、驚きだ。どれも、単に、伝統だけなく、芸術の域に達していると思うし、関わる人の生き方も映し出されるのかもしれないと思う。2013/12/10

アキオ

6
印象に残ったことは、 1.古い駒を綺麗にするには牛乳で拭くと適度な乳脂肪が効いてよい。 2.堀り駒は掘ったところに、筆で書いているのかと思ってたけど、そうではなく全部に塗って表面だけヤスリがけしている。 3.盛り上げ駒は、いきなり盛っているのかと思っていたが、完成した掘り駒にさらに漆をのっけている。 4.奨励会は「掘り駒」。 ちなみに私が持っているのは、もっともチープなスタンプ駒である。アマ初段になれたら、もうちょっとましな駒を買いたいと思っているのだが、生きている間にそのときは来るのだろうか。 2017/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/82931

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。