中公新書
小津安二郎文壇交遊録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121018687
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C1274

内容説明

小津安二郎の映画には独特の世界観がある。それは彼がどんな本を読み、どんな小説家と親交を深めていたかということからも炙り出すことができるだろう。本書は小津の日記や座談会での発言などから、彼が読んだ本や小説家との交流の記録を丹念に拾い出し、若い頃から愛読していた志賀直哉や谷崎潤一郎の小説を原作とする映画をなぜ撮らなかったのかを考える。そこには映画と小説という二つの芸術の関係性が浮かび上がってくる。

目次

第1章 小津安二郎の読書遍歴
第2章 川端康成と小津映画評
第3章 里見〓(とん)と芸の虫
第4章 志賀直哉、そして『暗夜行路』
第5章 谷崎潤一郎と岡田時彦
第6章 『断腸亭日乗』、そして荷風と映画

著者等紹介

貴田庄[キダショウ]
1947年(昭和22年)青森県弘前市生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。芸術学専攻。1977~81年、フランス留学。パリ装飾美術書物中央校修了。評論家。専門は映画論、書物史、美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

駄目男

1
巨匠、小津安二郎が書き残した日記から生前、彼がどんな本を読んでどんな作家との付き合いがあったのか丹念に掘り起こしていくような書物だ。 しかし、残念なことに残された日記は完全なものではなく映画制作所の火災や戦災などで一部焼失した部分もあるらしい。 主に出てくる作家は文豪と呼ばれるこの5人。 志賀直哉、谷崎潤一郎、永井荷風、里見 弴、川端康成。 中でも小津監督は志賀直哉に対しては強い崇拝の念を抱いており「暗夜行路」を絶賛している。 2013/09/16

比々き

1
調べる面倒を厭わず、よくぞここまで丹念に資料を掘り起こした、という感じ。いちいちを資料で裏付けずに済まない、まさに執念の労作。「読書は人を作る」。読書は木の根っこのようなもの。どれだけ深く、広く張り巡らせるか、、、それがその人の木の樹形、高さ、幹回り、風格に決定的な影響を与える。小津とその映画も、里見弴、谷崎潤一郎、志賀直哉、永井荷風、川端康成、、、錚々たる一流作家との交遊が生み出した作物。特に文学を映画にすることの難しさ。両者の本質的な違いが奈辺にあるか、明瞭に書かれていない分、気になって仕方がない。2013/03/24

palehorse82

0
小津の崇拝する作家たちの書物を借りまくって小津のように朝から晩まで寝床で読みふけってみたい衝動に駆られる。2014/01/17

fritzng4

0
川端、里見、志賀、谷崎らからの影響と、交流。荷風「断腸亭日乗」からの直接的影響。志賀直哉と小津が一緒に旅行するほど仲良かったとは知らなかった。2013/09/28

あばざば

0
「こんなどさくさの中で谷崎潤一郎が源氏物語を書き上げてゐる。里見弴がじつくりと腰を落ちつけて鶴亀を書き流してゐる。この方がどんなに嬉しいか」戦地でこの心境よ。2012/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/242766

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。