中公新書<br> 吸血鬼伝承―「生ける死体」の民俗学

中公新書
吸血鬼伝承―「生ける死体」の民俗学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121015617
  • NDC分類 388.3
  • Cコード C1239

内容説明

「吸血鬼」はホラーの主人公としてこの世に生を享けたわけではない。それは、人びとが切実に恐れる一つの“現象”だった。東欧を中心に、吸血鬼にまつわる伝説・昔話・公文書・俗信の記録などを丹念に読み解くと、そこには、人びとの信仰や禁忌の有様、疫病や戦争、そして死そのものへの不安が色濃く影を落としていることがわかる。民族によって多様な姿で語り継がれてきた「生ける死体」たちとは何者なのか。

目次

1 フォークロア的前提
2 民族の伝承を訪ねて
3 東欧の「吸血鬼」像
4 「ヴァンパイア」を追って
5 吸血鬼と歴史

著者等紹介

平賀英一郎[ヒラガエイイチロウ]
1958年(昭和33年)、島根県に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇専攻卒業。コンスタンツ大学、ブダペスト大学およびデブレツェン大学に留学。デブレツェン大学より文学博士号Ph.D.取得。論文多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。