中公新書<br> ミステリーの社会学―近代的「気晴らし」の条件

中公新書
ミステリーの社会学―近代的「気晴らし」の条件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784121009401
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C1276

内容説明

イギリスの本格派、アメリカのハード・ボイルド、日本の「変格」あるいは社会派という具合に、ミステリーは、特定の地域と時代に深く関わりながら存在してきた。作者も読者も中産階級に依存するこの分野は、19世紀に誕生して以来、どんな社会層に支えられ、どのように現実の犯罪傾向への対応を示してきたのか。本書は、古典的ミステリーを中心に、その成長と変質とを、社会との関連の上に捉えようとする文芸社会学の試みである。

目次

序章 ルールブックの文学―ミステリーの発生論的考察
第1部 ミステリーの素材世界(ミステリーの舞台装置;犯罪捜査の虚実)
第2部 イデオロギー(カタルシスの諸相;エートス)
第3部 読む人、読ませる人(読む人;読ませる人)
終章 ものぐさな「大団円」