ゼルダ 最後のロマンティシスト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120039874
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

アラバマ一の美女と謳われた奔放な青春時代。グラマラスなカップルともてはやされた放蕩の日々。小説を書き、絵を描き、バレエに熱中してもなお、夫の支配から逃れることができなかった結婚生活。フランス人飛行士との恋、飲酒に溺れていく夫との衝突、避けがたく見舞う精神の崩壊―没後60年、当時の風俗や実在の人物をちりばめて、嫉妬、焦燥、自己破壊の衝動に苛まれながら、断崖の山道を猛スピードで駆け抜けるがごとく生きた、激しく濃密な48年を独創的に描く。フランスで27万部突破のベストセラー小説。2007年ゴンクール賞受賞作。

著者等紹介

ルロワ,ジル[ルロワ,ジル][Leroy,Gilles]
1958年パリ近郊のバニューに生まれる。近代文学の講師やジャーナリストを経て、1987年に処女作Habibiを刊行。以後長篇、短篇小説を中心に多数の作品を発表している。2007年フィッツジェラルドの妻ゼルダ・セイヤーをモデルに描いた『ゼルダ 最後のロマンティシスト』(原題Alabama Song)でフランスの最も権威のある文学賞、ゴンクール賞を受賞。フランスで27万部を超えるベストセラーとなった

傳田温[デンダアツシ]
1965年長野市生まれ。明治大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。同後期課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

フランスで27万部超のベストセラー。フィッツジェラルドの妻ゼルダの生涯をドラマチックに描く。07年ゴンクール賞受賞の長篇。