自民党幹事長室の30年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120033438
  • NDC分類 312.8
  • Cコード C0031

内容説明

政策一般、国会対策、人事、選挙、党内調整…党務全般を仕切る自民党幹事長。田中角栄から加藤紘一まで著者が仕えた幹事長22人。その1人1人の仕草、癖、言葉、素顔。そして彼らの生態。

目次

角福戦争(人情と、政治力と、金権と―田中角栄;大勝負に弱いタカ派―福田赳夫 ほか)
四十日抗争(三木おろしを平和裡に収束―内田常雄;哲学を感じさせた政治家―大平正芳 ほか)
中曽根「本格」政権の陰(再びの角福戦争―二階堂進;記者上がりの特ダネ政治家―田中六助 ほか)
安竹宮の暗闘(目配り、気配りの達人―竹下登;熱血漢、病魔に倒れる―安倍晋太郎 ほか)
流れる自民党(ソフトな人当たりとしたたかな意志―小渕恵三;大混乱の予兆に挑む―綿貫民輔 ほか)

著者等紹介

奥島貞雄[オクシマサダオ]
元自民党幹事長室室長。1936年福井県生まれ。61年に中央大学法学部(夜間部)卒業。54年に自由党本部に就職。55年の保守合同で自由民主党総務局勤務となる。92年事務局次長兼総裁・幹事長室室長。99年定年退職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。