中公叢書
物語「京都学派」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120031878
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C1010

内容説明

西田幾多郎・田辺元を中心に築かれ近代日本の知性を代表した哲学者たちの人間関係―その師弟・友情・葛藤の世界を興趣溢れる新資料を駆使して描く。

目次

一枚の写真
もう一つの「帝国大学」
東京帝大と「井の哲」
「京大東洋学」の栄光
「選科生」西田幾多郎の屈辱
京都帝大、西田を招く
「予も亦苦む所あり」
田辺元、東北の孤独
西田と田辺、京大哲学科の「出帆」
戸坂潤の「京都学派」〔ほか〕

著者等紹介

竹田篤司[タケダアツシ]
1934年愛知県に生まれる。東京教育大学哲学科卒業。同大学院博士課程(仏文学)中退。専攻、哲学。現在、明治大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

西田幾多郎・田辺元を中心に築かれ、近代日本の知性を代表した哲学者たちの人間関係――そこに現出した師弟・友情・敵対・葛藤の世界を興趣あふれる未発表資料多数を駆使して描く。