新潮新書<br> 経営センスの論理

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

新潮新書
経営センスの論理

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年02月17日 08時51分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106105159
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0234

内容説明

会社をよくするのに必要なのは、「スキル」よりも「センス」を磨くことである。会計技術であれ英語力であれ、単なるスキルをアップさせても「経営」はよくならない。「よい会社」には相幹の戦略に骨太な論理=ストーリーがあり、そこにこそ「経営センス」が光るのだ―。本格的な経営書として異例のベストセラーとなった『ストーリーとしての競争戦略』の著者が縦横に語り尽くす「経営の骨法」。

目次

第1章 「経営者」の論理(スキルだけでは経営できない;「良し悪し」よりも「好き嫌い」;ハンズオン―優れたリーダーか自らやる;ハンズオフ―優れたリーダーは何をしない」か;自由意志の原則)
第2章 「戦略」の論理(経営はすべて特殊解;イノベーションは「進歩」ではない;非連続の中の連続;森を見て木を見ず;攻撃は最大の防御―極私的な事例で考える)
第3章 「グローバル化」の論理(「過剰英語」への過剰対応;「多様性」の罠;グローバル化の本質は非連続生の経営;MBAプログラムで学ぶ意義)
第4章 「日本」の論理(複雑だが、不確実ではない;土を見て木を見ず;「専業」の国、日本;事業ねの金融;ロンドン・オリンピックの成績を戦略論にこじつけて考える)
第5章 「よい会社」の論理(カネと名誉と力と女;ラーメンを食べたことのない人による人気ラーメン店ランキング;「よい会社ランキング」のよい尺度ランキング;「働きがいのある会社」と「戦略が優れた会社」が重なる理由;燃える草食系)
第6章 「思考」の論理(「抽象」と「具体」の往復運動;情報と注意のトレードオフ;面白がる力)

著者等紹介

楠木建[クスノキケン]
1964(昭和39)年東京都に生まれ、幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院国際企業戦略研究家(ICS)教授。一橋大学商学部卒、同大学院商学研究科博士課程修了。専門は競争戦略とイノベーション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

会社をよくしたければ、スキルよりもセンスを磨け。

会社をよくしたければ、スキルよりもセンスを磨け! 「よい会社」には根幹の戦略に骨太な論理=ストーリーがあり、そこにこそ「経営センス」が現れる――。気鋭の経営学者が縦横に語り尽くした「経営の骨法」。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件