• ポイントキャンペーン

新潮選書
黒人はなぜ足が速いのか―「走る遺伝子」の謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036637
  • NDC分類 780.18
  • Cコード C0345

内容説明

陸上のトラック競技で圧勝するのは、いつも黒人選手ばかりである。それも短距離はカリブ海勢、長距離は東・北アフリカ勢と、極端な偏りがある。それは何故なのだろうか?最新の遺伝子研究によって、「速く走るための筋肉の発達を促す遺伝子」の存在が推測されるようになってきた。人種と環境の相互作用にも着目し、「ヒトが速く走れる理由」を探る。

目次

第1章 短距離はジャマイカ、長距離はエチオピア
第2章 走力と遺伝子
第3章 短距離・瞬発力系の遺伝子
第4章 長距離・持久力系の遺伝子
第5章 西アフリカと東アフリカ
第6章 人種とスポーツ
第7章 記録はどこまで伸びるか

著者等紹介

若原正己[ワカハラマサミ]
1943年、北海道生まれ。北海道大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。1970年から北海道大学理学部および同大学院理学研究科で研究・教育に従事。両生類の実験発生学が専門で、主な研究テーマは「遺伝子発現におよぼす環境因子の影響」。2007年に北海道大学准教授を退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ短距離ではジャマイカが、長距離ではケニアやエチオピアが圧勝するのか? 環境と人種の関係も踏まえ、「運動を司る遺伝子」の謎を生物学者が追う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件