新潮選書
ペルシャ湾

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035234
  • NDC分類 319.26
  • Cコード C0331

内容説明

かつてメソポタミア、インダス両文明を結ぶ海洋の道であり、アレクサンダー大王が航海を夢みた内海、ペルシャ湾。アラビア半島とイランに挟まれたこの湾岸が、なぜ世界の覇権の行方を握る鍵となるのか?香料貿易で栄えた海のシルクロード時代から、列強の油田争奪戦、ナショナリズム興隆からイスラム原理主義の高まりまで、激動の六千年を平明に描く。

目次

第1章 楽園伝説
第2章 アレキサンダー大王の夢
第3章 船乗りシンドバッドの海
第4章 海のシルクロードから大航海時代へ
第5章 石油の海と二つの大戦
第6章 モサデク革命
第7章 王とOPECの野望
第8章 イラン革命の内幕
第9章 イラン・イラク戦争
第10章 アメリカの湾岸戦略
第11章 イスラムの逆襲
第12章 日本とペルシャ湾

著者等紹介

横山三四郎[ヨコヤマサンシロウ]
1942年、山形県生まれ。上智大学卒。新聞社のカイロ、ロンドン各特派員、米ジョージ・ワシントン大学客員研究員(フルブライト)を経て現在、戸板女子短大教授(国際関係論)。上智大、東京女子大、東京農工大講師を歴任。国際政治学者、ジャーナリストとして執筆を続ける
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

東側ギャン

1
ガッツリ読んだ。なんだよこのグレートゲームは(驚愕)いやねホント誰が悪いか決めたければギルガメッシュ連れてこいってくらい対立と共謀と因縁がうずまきすぎだろ・・・カーターは無能。ソ連も崩壊していない時に書かれた古いほんではあるけど今見てもいいと思うよ・・・結構内容てんこ盛りで疲れそうだけど2015/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1955267

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。