新潮選書
早すぎた天才―贋作詩人トマス・チャタトン伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035081
  • NDC分類 931
  • Cコード C0323

内容説明

1770年8月、ロンドンの片隅で若き詩人は毒を仰いだ。10歳で詩作を始め、古語を用いた「贋の中世詩」で才能を開花させるも、貧窮、孤独、絶望のままに終わったチャタトン。後世、ワーズワースら浪漫派の巨匠に激賞されたその詩魂と、哀切な生涯を描き出す。慈愛に満ちた著者の視線が感動を呼ぶ屈指の評伝。

目次

第1章 聖レッドクリフ教会の少年
第2章 輝ける夏
第3章 「贋作」の明暗
第4章 彼方なるロンドン
第5章 時代の潮流と諷刺詩
第6章 「遺書」と旅立ち
第7章 水と黒パン
第8章 前途洋々たり
第9章 17歳の春
第10章 暗転
第11章 絶望の夏

著者等紹介

宇佐美道雄[ウサミミチオ]
1926年生まれ。1950年、東北帝国大学文学部英文学科卒業。名古屋工業大学教授、フルブライト交換教授としてウエスト・バージニア大学出講などを経て、現在、名古屋工業大学名誉教授、東京都立科学技術大学名誉教授。19世紀浪漫主義詩人を中心に研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。