仮釈放

仮釈放

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 21X14cm
  • 商品コード 9784106006487
  • NDC分類 913.6

内容説明

自分を裏切った妻を、悔のない行為として殺した男が、無期刑の判決を受け、16年後に仮釈放された。長い歳月を隔てた彼の目に、この世界はどう映るか?与えられた自由を彼は享受できるか?罪と罰のテーマに挑み人間の哀しみを描ききった意欲的長編小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ななつ

5
殺人を犯した事実。主人公は世間に怯えながら、ひっそりと生きようとしていたのに。周りの余計なおっせかいで、また人生、奈落の底。思い出したくない事を思い出す時って、時間が経つにつれ、苦い思いが深くなってる時も多い。つい、カッとなって同じことを繰り返して 犯罪者にまた逆戻り。そして結果だけを見て、このひとを責めまくるんでしょうね。可愛そう……です。2017/05/03

ムーミンママ

1
哲学っぽい感じでした。良かれと思って勧めたことが徒になってしまった。彼は1人でいるべきだった。反省とは何だろう。。2019/05/04

FumiHERO

0
☆52014/02/21

なお

0
 主人公は、自分のことしか考えられなくなっているのだろうか。妻の浮気も、主人公の性格的なものが一つの原因になってもいたのではないか。相手を殺すと言うことを何故正当化できるのか。そんなことを考えてしまった。2014/07/12

もとや

0
再読。反省したと言うのは簡単だけど実際に反省するのは難しいよなと思えるような内容。一番いいのは大きく反省しなければいけないことをしないことだなと思いました。2014/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/478599

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。