新潮選書<br> 官僚たちの縄張り

新潮選書
官僚たちの縄張り

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784106005589
  • NDC分類 317
  • Cコード C0331

内容説明

霞が関のエリート官僚はなぜ、いつも失敗し、腐敗するのか。政策を誤って日本経済を衰弱させただけではない。大蔵、厚生省汚職、防衛庁事件、そのほか官僚腐敗の実例は、限りがない。それは、官僚機構の本質的な無責任性に起因する。官僚たちは事実上の政策決定、つまり政治を執り行いながら、最後は、「われわれは役人にすぎない」と逃げるのだ。本書は数多くのデータを示しながら、霞が関の行動原理をあらゆる角度から解剖した。

目次

第1章 政と官
第2章 行革は権力闘争
第3章 日本の官僚機構
第4章 官僚とは何か
第5章 官僚たちのキャリア
第6章 官僚たちの縄張り
第7章 構造腐敗を生む大蔵支配体制
第8章 「橋本行革」の行方
第9章 官僚の病理は克服できるか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ことぶき あきら

1
日本の官僚制論。高級官僚の制度と実態を有機的に描いた好著。巷では単なるイメージに基づく不要・過剰・間違った官僚バッシングを多く見かける。本書はかなり辛口の官僚制論ではあるが、事実関係も正確で邪推や憶測のようなものがない。著者は中日新聞記者であるが、その経験を余すところなく発揮しているように思う。また、制度論もすぐれている。最終章では丸山真男の「無責任の体系」にも言及し、日本における官僚の病理についてうまくまとめている。通産省と郵政省の「省際戦争」、キャリア官僚人事の運用の実際などが面白かった。2016/03/19

Hisashi Tokunaga

0
かの明治憲法は大臣は無答責の天皇に対しのみ(議会や国民にではなく)責任を有した。こうした制度に育まれた官僚群の遺伝子が、戦後全く消滅したといえるだろうか?官僚制度の問題点とは別に、そこに生き続ける官僚の生き様の歴史を垣間見せてくれた。官僚にとってのペナルティーとはなにか。そして自身にとってペナルティーとは何か。

domonarazu

0
7売

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/113257

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。