新潮選書<br> 微生物を探る

新潮選書
微生物を探る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106005312
  • NDC分類 465
  • Cコード C0345

内容説明

多様な微生物の世界を一見オーソドックスなスタイルで紹介する本書は、しかし私たちにとってさまざまな意味で刺激的である。レーウェンフックにはじまり、パストゥールとコッホを経て現代に繋がる微生物研究の歴史を描いた前半は、新鮮な驚きと興奮に満ちている。人類にとって微生物とは、まず第一に身の回りの自然に棲息する奇妙な微小の生物であり、そして発酵を促す酵素であったのだ。そして著者の研究分野である土壌細菌について語る後半は示唆的である。パストゥール以来の純粋培養法では微生物の全体像を捕らえることはできない、「増殖」する細菌はむしろ正常から逸脱した状態である、という著者の主張は、次世代の微生物学を予感させるだろう。

目次

第1章 微生物の発見と確かな理解
第2章 微生物から生命の探究へ
第3章 微生物からみた地球環境、生物世界
第4章 微生物世界の内部へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ろい

0
う~ん、微生物研究の歴史や手法まで網羅的に書かれているのだが、網羅的すぎて冗長かと思えば、個別の内容の深さもまちまち。 専門的にするか、入門書にするか、もっと統一感があれば良かった。 その意味ではラスト四章は作者の思いがガツンと入っていて面白い。 ただ、なにぶんこの章に関しては書かれたのが二十年近くも前と言うことで、最新の分析状況からすると話が古いと感じてしまう。 当時読めば面白かったんだろうけど、残念。2014/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1430155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。